SnapCrab_NoName_2018-1-16_17-11-50_No-00.png
個人間融資サイトなるものを発見したのは去年のことだ。お金を借りたい人と、貸してあげたい人を掲示板を介して仲介する仕組みで、男女大勢の書き込みで賑わっていた。何気なくサイトの「借ります板」を眺めていると、近くの地域に住んでる女の子のメッセージがあった。
『3万円がどうしても必要なんです。どなたか借していただけませんか? 21才 アキ』
 試しに貸してみようか。どんな女の子が来るのか見てみたいし。
 サイトを介してメールを送るとすぐに返事が届いた。
『ありがとうございます! 本当に助かります! よろしくお願いいたしますm(_ _)m』
 近所だったこともあり、何回かのメールのやり取りを交わして、直接会うことになった。
 待ち合わせの駅前に現れたのは茶髪で細身のギャルだった。さっそく車の助手席に乗ってもらい詳しい話を聞く。
「私キャバクラで働いてるんですけど、先月風邪引いちゃって、何日か休んでしまって…。遅刻の違反金もあって。携帯が止まると本当にピンチなんです」
雰囲気はギャルっぽいけど、会話は普通にできるし悪い子じゃなさそうだ。よし、貸してあげよう。念のため、簡単な借用書を書いてもらい、本人の免許証を写メで撮影して、現金3万円を手渡した。
「本当にありがとうございます! 絶対にお返しします。お礼も何パーセントか上乗せしてお支払いしますので」
利子は1カ月で1割。来月には3万3千円を返すという約束だ。結局、1カ月経ってもアキからの連絡はなかった。絶対返すって言ったのに。まったく、これだからギャルは…。
「もしもし? アキさん? 貸したお金のことなんだけど」
「すみません! 返したいんですけど、いま本当にお金がなくて…」
「とりあえず会いましょうか」
 待ち合わせ場所に申し訳なさそうな顔をした彼女が立っていた。
「本当にすみません…」
「お金がないのはわかるけど、せめて利子だけでも払うとか、返す気持ちを見せてくれないと、信用できないよ」
「あの、例えば、何か軽くサービスするっていうか…、そういうので返済するのって、ダメですか?」
「え?」
一瞬何を言ってるのかわからなかったが、どうやらエッチ系のサービスのことを言ってるみたいだ。
「セックスさせてくれるの?」
「あ…、それはちょっと。利子のぶんだけ手でするのはダメですか?」
 3千円で手コキか…。うん、それいいかもね。
「仕方ないな。いいよ、それで」
 さっそく、車を人影のない駐車場に移動させる。
「じゃこの辺で」
 ズボンのベルトを緩め、チンコを取り出すと、彼女がゆっくりと扱きだした。
「ああっ出るよ、出るよ! ティッシュお願い!」
「はいっ!」
 大量の精子を放出し、スッキリしたところで彼女を駅まで送った。
「じゃ、今月の利子はこれでチャラにするね。来月は返せるよね?」
「はい。頑張ります…」
 と明言したが、その翌月も、彼女は利息分のために手コキをするハメに。
 あれ? ひょっとして、俺ものすごく素晴らしい発見をしてしまったんじゃないか?
お金を貸して、利子を手コキで返してもらうこの手法。女の子がお金を用意できなければ、永遠に、月1の手コキがゲットできるではないか。
 おれは新たなターゲット探しに夢中になった。
 借ります板でなるべく近くに住む女の子にコンタクトを取っていく。
『最高でも3万までしか貸せませんが、それでもよければ』
 お金が必要な子は本当に切羽詰まっているので、すぐに返信がくる。2人目の子は、ショップ店員の24才だった。美人ではないけど、色白で細身なオシャレっ子だけに、十分満足できそうだ。
「本当にありがとうございます。来月には絶対に返しますんで!」
 と言っていた彼女も、やはり1カ月後の期日には間に合わなかった。
「本当にすみません! 返すつもりだったんですけど、まだ用意できてなくて…」
「とりあえず会おうか」
 申し訳なさそうな様子で車の助手席に乗り込んできた彼女に、今度はこちらから持ちかける。
「せめて利子だけでも返してもらいたいけど、もし無理なら、別のサービスで返すってのはどう?」
「えっと…どういうことですか?」
「いまココで手でしてくれたら、利子の分はチャラにしてあげる」
「あ〜…。ホントにそれでいいんですか?」
彼女たちは援交の相場も知らないような普通の子たちなので、3千円の手コキが安いとは思わないようだ。
 その後も、下は19才、上は30才までの女の子たちにお金を貸していった。貸すときに、借用書と免許証のコピーのほかに、両親と勤務先の住所と電話番号も押さえ、彼女たちの目の前で「もしもし、○○保険の近藤と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」と、保険会社のフリをして在籍確認の電話を入れる。このおかげかバックレたりする子はいなかった。そんな調子でお金を貸しまくった結果、毎月一回手コキしてくれる女の子が6人にまで増えた。誰からも元金は戻ってきていないので、現段階で手放しで喜んでいいのものかわからないが。
若い女の子に安く手コキさせる方法
SnapCrab_NoName_2018-1-11_7-59-47_No-00.png
ラインの出会い系アプリってのがいろいろあって、若い女の子と会えるらしい。そう聞いてすかさず手を出したが、なかなか上手くいかない。まあこんな薄らハゲのオッサンには興味ないのだろう。どうにかして会いたい。そこでオレはピンサロ店長を装い、女の子を募集してますとメッセージを送ることにした。面接と称して呼び出し、そのまま講習ってな流れでイイコトができたりしないものかと考えたわけだ。
 だが、これも食いつきが悪い。さすがに風俗はハードルが高いようだ。ならば次はマッサージ屋だアロマとかオイルとかいろいろあるけど、ちょっと時給を高めに言っておけば女の子も食いつくんじゃないか?マッサージ屋だって講習はありそうだし、多少の肌の触れ合いでもできれば万々歳だ。
︿うちの出張マッサージ店で働きませんか? ちょっとした講習はありますが、時給は奮発させていただきます☆﹀
 ついでにネットで拾ったマッサージ屋のホームページ画像を添付する。信憑性を高める一手だ。
 しばらくして返事が届いた。
︿興味あります。詳しく教えてもらえますか?﹀
 それきた!他にも数人とやりとりをするうち、20才のフリーターの面接と講習を行うことになった。時給2千円と伝えたところ、すぐにでもやりたいそうだ。待ち合わせ場所にやってきたのは、浅黒い肌の金髪の女子だ。こんな若い子に全身を触ってもらえるだなんて今から股間が膨らんでくる。喫茶店に入り、面接と仕事の説明をする。お客さんが入ったらホテルなんかに行ってオイルマッサージをするだけ、みたいな風に。彼女は実家暮らしの学生で、スーパーのアルバイトをしているそうだ。さて、いよいよ講習だ。ビジネスホテルに入り、用意していたオイルと紙パンツ(どっちもネットで買えた)を取り出す。
「アタシはどんな格好でやればいいんですか?」
「うちは制服は用意してないから、そうだな、そのTシャツのままでいいよ」
 オレはそそくさと紙パンツ一丁に着替え、ベッドにうつぶせに。
「オイルをかけて、肩とか背中をマッサージしてみて」
 言われるがままモミモミモミとやってくれるけど、たいして気持ちよくはない。でも若い子の指がオレのカラダを触ってるだけで、なんとも言えない気持ちになる。あーだこーだ言いながら、仰向けに。…あれ、チンコが軽く勃起してるよ。恥ずかしいなぁ。だが彼女は気にもとめてない様子だ。
「じゃあ次は胸と足をマッサージしてみようか」
「…こうですか?」
 おっ、太ももの触り方がぎこちなくてイイじゃないの。ますます固くなってきたぞ。
「うん、いいよ。お客さんは素人さんのマッサージを楽しみに来てるから、そんな感じでオッケー」
「はい」
口では平静を装ってみたものの、このチンコをスッキリさせたい欲求がむくむくとわいてきた。ちょっとだけ触ってくれないかな。手でシゴいてくれるだけで全然いいんだけど…。うん、手コキしてもらおう。いちおう講習だから、そうだ、この方法だ!
「でさ、これ見て」
 もっこりしたパンツを指差す。
「お客さんの中にはこうなっちゃう人も多いのよ」
「……」「そこから先、どうするかはキミ次第だよ。中にはお小遣いをくれる人もいるみたいだけど、そこはキミの自由だからね」
 マッサージ店でよくある
「ウチの店は女の子によってはエッチなサービスもやってる」っていうアレだ。多少触ってあげるだけでお小遣いをもらえるなら、と考えてくれればいいんだけど…。
 少し間をおいて彼女が「へえ」と短い返事をした。
「いちおうそっちの講習もやってみようか。ほら、こうやってお小遣いを渡されるからね」
財布から千円札3枚を出して手渡し、パンツからチンコを出し、彼女の手で握らせる。拒否は…ない。やった!無愛想な表情のまま、チンコに視線をやることなくスコスコ続けている。こんな味気ない雰囲気でも若い子にシゴいてもらってる状況に興奮しまくり、ものの3分と経たずに射精した。ふぅ〜。
この手法、とにかく女の食いつきがよく、今までに5人と会え、全員に手コキしてもらった。ちなみに返信をくれるのはエンコー希望カキコミをしてる子が多い。3千円程度で素人にヌイてもらいたい方はぜひ。
関連記事