4_20191122195530e1a.jpg111_20191122195531893.jpg222_201911221955328e9.jpg1、いつどんなときでも背後から攻めれば女は悦ぶ
セックステクに興味のある人なら、「会陰」という言葉を耳にしたことはあるでしょう。
そう、会陰とは膣口と肛門の間、あるいはその周辺をふくむ部位のことで、男の体でいえば「蟻の門渡り」に相当する場所です。
じつはこの会陰にはチンコやクリトリスと同様に、快感神経のようなものがごっそり集中していて、刺激するとむちゃくちゃ女がよがるため、隠れたA級性感帯とも呼ばれているんです。
なので女を失神させまくりたいならココを攻めない手はないのですが、どうもみなさん、肝心なことを忘れてるみたいでして。
 というのも会陰に集中している快感神経は、チンコやクリのように皮膚の真下に配置されてないんです。それよりもっと下、脂肪や筋肉の奥にあるんですね。だから、会陰を舌で舐めたり、指圧したところで本来のすばらしい快感を得ることはできないと。
ではどうするかというと、電マを使うんです。あの強力なバイブレーションだけが唯一、会陰の奥にある快感神経に届く。たんに会陰の場所だけ知ってても、この知識がなければ意味ないですよ。
会陰のクンニの好きな清楚系美人人妻
幼いお子さんを持つ奥さまにご登場いただこう。フジテレビの椿原アナに似た清楚系美人さんなのに、なんだかエロい雰囲気が出ていらっしゃる。裏モノを読んでるってことは、やはりシモ系の話も豊富なのでしょうか。
「そんなことないですよ。旦那が買ってるのを読ませてもらってる感じで、裏モノに載るような体験
とかはないですし」そうなんだ。でも興味はおありだと思うんですけど…。
「まあなくはないですかね。『セックス特集』はダンナと一緒に実践したりもしました。アハハ」 
ほうほう。具体的になにを実践されたんですか?
「あの、会陰でしたっけ?バックの体勢で、ダンナの合図でお尻の穴の近くを押したら、いつもの倍ぐらい精子が出てびっくりしました。あと布の上からクリを触ってもらったりとか」 
素晴らしいカミングアウトです。でもダンナさんとの話ばっかりだけど、結婚前とかは遊んだりしてなかったのでしょうか。
「いやぁ。これダンナも読むから言いづらいですけど、学生のときはお酒飲んでエッチしちゃったこ
ともけっこうありましたね。うーん」
そんな遠慮しないで、もっと教えてくださいな。
「やっぱりエッチ自体は好きなので、OLとして働きだしてもナンパされたカッコイイ人についていったりしたこともありましたよ。初対面なのに一緒にハプバー行ったりとか…」
初対面でハプバー?聞き捨てならないですな。
「女友達と飲んでるときに声かけられて、ウチらベロベロだったんでほいほいついて行っちゃったんですね。怪しいビルのエレベータに乗って、気づいたらハプバーにいたっていうか」
それで4Pに突入したと。
「いや、それがナンパしてきた人たちとはなぜかしなくて、お店にいた20才ぐらい上のオジサンにベタベタ触られて、それでしちゃいました。女友達も隣でオジサンとエッチしてて、恥ずかしいけど興奮しましたね…」
あるじゃないの、裏モノ体験。ちなみに経験人数は覚えてるだけで9人ほどとのこと。酔っ払っ
てのワンナイトラブはカウントしていません。ところで裏モノではどんな記事が好きなんですか?
「あー、『ドレイ』は好きですね。なんか「この子、今度は何されちゃうんだろう」って勝手にドキドキしてます」
ってことはふみさんもドMだったりして。
「まあそうですね。でも痛いのとか汚いのはイヤで。お尻を叩かれたりするとテンションあがるんで
すけど。股間がジュクジュクするっていうか」
しれっと言ってますが、なかなかのM度ですよ。
「そうですかね。でも、Sっぽいところもあるっていうか。クチで舐めながら、何がなんでもイカせてやるって思って頑張ったあげくに、イキそうになったらもう舐めてあげないとか、そういうのも好きですし」
とにかくエッチを楽しむタイプということですね。人妻さんですけど、読者さんからのメールは大丈夫なんですか?
「とりあえず大丈夫だと思います。最近ダンナが『お前が他の男とヤルのも見てみたいな』って言ってたし。いやいや、冗談ですよ!いきなりそういうのはムリです!」
なるほど。メールで連絡を取り合っておけば、そんな神展開もなくはなさそうです。
関連記事