0024_201905051606525bb.jpg 0025_20190505160653606.jpg 0026_20190505160654162.jpg 0027_2019050516065668f.jpg 0028_20190505160657ff3.jpg 0029_20190505160659168.jpg 0030_20190505160700472.jpg 0031_2019050516070247c.jpg 0032_20190505160704b88.jpg 0033_2019050516070661a.jpg私がなぜレ〇プをすることになったのか。それを説明するには、女遊び以外のもう1つの趣味、競輪について触れておかなければならない。
競輪の魅力については主旨と関係ないので触れませんが、とにかく私は仕事先の打ち合わせが終わって車に戻ればすぐに携帯でノミ屋に電話するほど、このギャンブルにのめり込んでいました。
すべてが終わった後の暗いトイレで、彼女は泣き叫ぶでもなく冷静な声でこう言いました。
「顔見せて」
本来液らすぐに逃げ去るべき私は、犯罪者であることを忘れていたようです。顔がバレれぱマズイはずなのに、ここは要望に応えてあげるべきだとごく自然に思ったのですから。それは、悪魔のようなことをしておきながらもいい人でいたいという、ムシのいい考えによるものだったのかもしれません。彼女は私の顔をしばらく見た後、うつむいて、現実に起きた出来事を理解しようと必死になっている様子でじた。ギャンブルに負けてムシャクシャしていたこと、返せないほどの借金があってどうにもならないことなどを私は告げました。そんなことが言い訳になると思っていたのです。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
関連記事
タグ