0203_20190508232636a1e.jpg 0204_201905082326370b4.jpg 0205_20190508232639d62.jpg 0206_2019050823264090a.jpg 0207_2019050823264220d.jpg 0208_201905082326435b7.jpg 0209_2019050823264599b.jpg 0210_2019050823264681f.jpg都心から電車に揺られ、午後1時に目的の駅に着いた。駅前にはショッピングセンターの他、飲食店がいくつか並んでいる。どこにでもある郊外の町並みだ。ひとまず駅の周囲をぶらぶら歩いてみたものの、興味を引かれる施設や店は見当たらない。
気がつけばTシャツが汗でグショグショになっている。忘れていた。やけに暑いと思っていたら、この辺りって日本有数の猛暑エリアじゃないか。
急いで目に留まったゲーセンへ避難する。うぶ毛が逆立つほど冷え切った店内を物色していると、奥の方で、ちょっとガラの悪そうな若者2人がパンチングマシーンに興じていた。咥えタバコで何やら談笑している。いっそのこと彼らと仲良くなって一緒に遊ばせてもらうってのはどうだろう。あの手の不良は「仲間は一生の宝だぜ」的な思想を持ってるし、いったん懐に入ってしまえばいろいろと親切にしてくれるのでは。
意を決して、連中の側まで歩み寄る。目があったので愛想笑いを浮かべてみた。にやにや。無視された。2人は何事もなかったかのように会話を再開する。また目があった。今度は目をそらさず、ジッと俺を見ている、いや睨んでいる。眉間にこれでもかとシワを寄せて。
「…何か用?」
連中の1人が口を開いた。
「ねえ、何でさっきからこっち見てんの?」
マズイ、怒ってらっしゃる。誤解をとかなきゃ。
「楽しそうでいいなぁって思って。俺も仲間に入れてくんない?一緒に遊んでよ」
「は?」
若者の表情から敵意が消え、代わりに困惑の色が浮かんだ。どうするどうする、おかしなのに絡まれちまったよ、と言わんばかりだ。若者が、頭をかきながら苦笑いする。
「俺ら忙しいんで。すいません」
連中は逃げるように立ち去った。なんで謝るんだよ。近ごろの不良ってこんな軟弱なの?
沢尻エリカ似OLがお手製サンドイッチを
ふたたび散策をするうちに公園にたどり着いた。ひとまずベンチに横になり空を眺めると、猛烈な手持ちぶさた感に襲われる。ああ、ヒマだなー。
もう夕方の5時。すぐ目の前では、放課後の中坊どもが何やら騒いでいる。手に菓子パンやペットボトルを握って。そういえば寝起きにバナナを食ってから、何も口に入れてない。といって頭を下げて、菓子パンを恵んでもらうのも何だかなぁ。
向こうから女性が歩いてきた。遠目からでもハッキリとわかる美人だ。よし、あのオネエチャンに甘えてみよう。
「あのぉ、すいません。腹が減って倒れそうなんです」
「え…」
女性が怪訝そうに視線を向ける。近くで見るとマジでカワイイ。沢尻エリカそっくりだ。歳は20代半
ばってとこか。
「こんなこと言うのも失礼なんですが、何か食わせてもらえませんか。家の残り物でもいいので」
「どうしたんです?」
「お金が一銭もなくて」
彼女は立ち止まり、ちょっと思案してから言った。
「大変ですね。じゃあ、ちょっとここで待っててください」
そう言い残して、近くのマンションに消えていく彼女。ちょっと待ってろ? もしかして部屋を掃除して俺を迎え入れてくれるとか?マジ? こんな展開あっていいのか!
…そのまま30分、電柱につながれた子犬のように待ってはみたものの、彼女が戻る気配はなかった。ち、ダマされたか(と言える身分じゃないが)と肩を落として歩き始めたとき、背後から女性の声が。
「すいませーん。遅くなって」
彼女だった。手にビニール袋をぶら下げている。
「あんまりおいしくないかもしれないけど」
サンドイッチとミネラルウォーターだ。しかもサンドイッチは手作りで、中にフィレオフィッシュが挟まれている。ハイキングか何かの残り物かな。「ありがとうございます!」
「あり合わせで作ったから自信ないんだけど」
さっき出会って、この短時間で作ってくれただって!?このコ、恋したの? いきなり手作りサンドイッチでハートを射止めにきたの?
感動。それ以外にことばはない。浮浪者もどきの俺に、そっと渡す手作りサンド。映画化決定の名シーンだ。ならばこっちからもにじり寄ってあげねば。
「写真、一緒にいいですか」
「はい…」
横に並ぶといい匂いがする。はい、恋しちゃいました。
「ねえ、そこの公園で一緒に食べようよ。話でもしない?」
「いや、それはちょっと…。じゃ私、用があるので」
「え、あれ、ちょ…」
彼女は足早に去っていった。サンドイッチを手作りしておきながら、和やかな会話は拒否するなんて、どういうこっちゃ。
関連記事
カテゴリ
タグ