0135_20190517000936ea7.jpg0134_201905170009350ec.jpg
エロとワル知恵にまみれたオゲレツ雑誌、裏モノJAPANの女性読者ってどんな人たちなんだ?
過去何度か、こんなテーマのルポを掲載してまいりましたが、今月よりめでたくシリーズ化することとなりました。記念すべき第一回は、埼玉某市にお住まいのアラサー女性だ。
 一見したところはマジメそうな雰囲気。職場も都内のおしゃれカフェレストランということ。
だが、そんな人がいったいどこで裏モノと接点を持ったのだろう
「私、バツイチなんですけど、前の旦那がすごくハマってて。いつもゲラゲラ笑いながら読んでるから、何となく自分も手に取ってみたんです。そしたらチョー面白くて。言葉は悪いけど、こんな気持ち悪い雑誌があるんだって、軽く感動したんですよ。以降、旦那が買ってくる裏モノに目を通すのが習慣となり、離婚した現在も購読を続けているという。ありがたい話ですな。
「でも、ゴメンなさい。さすがに毎月は買ってないんです。近所の本屋さんでパラパラッと立ち読みして、面白そうな記事があれば買うって感じかな」
 昔からエロ方面への関心が強かったという彼女。最近の裏モノではお見合いパーティ関連の記事が特にお気に入りなんだそうな。
「お見合いパーティでセフレ探してますとか、絶頂に導きますとか言って、無茶なナンパする企画があるじゃないですか。もうあれ読んでると他人事じゃないっていうか。誰が考えたアイディアなんですか? マジで核心をついてるなってすごく感心したんですけど」
 ん、核心?
「私も一時期すっごくお見合いパーティにハマってたことがあって。ぶっちゃけ女友だちと男漁りしまくってたっていうか。いちばんサカってたときは週3回は行って、毎回、誰かとその日のうちにヤってましたから。だから、ああいう場所って、昔の私らみたいな女が必ずいるんですよ。そこに気づくとはさすが裏モノって感じです」
 明るい調子でドえらい告白が飛び出てきた。現在の落ち着いた様子からは想像もできないヤリマンさんだったとは。
「高校まではすごくマジメだったんですよ。実際はスケベだったんだけど、そういうのは絶対に出さないみたいな。だから多分、大人になって一気にハジけちゃったのかも」
 ちなみに元旦那との出会いも、キッカケはお見合いパーティだったそうだが、現在はどうなんだろう。いまは晴れて独身の身なんだし、やっぱり派手に遊んでるんじゃないの?
「いやいや。いまは彼氏がいるんで。お見合いパーティとかハプバーって、やっぱりフリーのときに遊ぶ場所だと思ってますし」
 おや、今さらっとハプバー経験まで暴露しましたよ。さすがヤリマンさん、基本事項はちゃんと押さえている。
「ははは。まあ、裏モノ読むくらい好奇心が強いからそういうのは一通り、はい。でも、本当に遊ぶのはフリーのときだけですよ。私、根はマジメだから浮気とかできないんで」
「なるほど。今は彼氏さんとのセックスで十分満足してると」
「はい、そういうことです」
彼女の一連の発言、裏を返せば彼氏と別れた後はまた遊びまくるという宣言にも取れるのだが…。
関連記事