SnapCrab_NoName_2019-5-20_23-25-4_No-00.png
アナルに指を入れながら延長の催促。韓国エステのボッタクリ法教えます
オミズ商売にどっぷり浸かってきた私だが、アルコール漬けの毎日かりそろそろ足を洗いたい。そこでパラパラと風俗求人誌を眺めていると、目に付いたのがこんな募集広告だ。熟女韓国式エステ。完全ノーピンク時給5千韓国エステといったら、オイルやクリームを使ってマッサージしたりするアレでしょ。これだけ堂々とノーピンクとうたってるかりには、当然エッチなサービスもないハズ。募集年齢が25才から40才までというのがネックで、22才の私は規定外かもしれないが時給5千円は諦めきれない。ダメ元で間い合わせてみる。
すると電話口の男性は「齢はいくつでも大丈夫ですよ。いつ面接に来ますか」と、うれしい返事
翌日タ方6時に私は、新宿歌舞伎町の某雑居ビルに出向いた。出てきたのは30ぐらいの茶髪ニイちゃんで、運転免許証で年齢を確認すると住所、氏名、連絡先などをプロフィールカードに記入させられた。そこでやっと仕事の説明だ。
「全身のリラクゼーションを中心にアナルのマッサージもやっていただきます」
「アナルマッサージ?」「心配しなくてもいいですよ。実技講習がありますから」
まあ、私がお尻をイジられるならともかく、イジる側ならいっか。しかしここまではとんとん拍子に話が進んでいたのに、肝心の給料に言及した途端、担当者の歯切れが悪くなった。
「時給で書いてありましたけど、実はうち歩合なんですよ」
彼が言うには、この店は90分ー万5千円が基本コースで、女の子の取り分はそのうちの5千円。90分と言っても、お客さんとお茶を飲んだりおしゃべりしたりする時間もあるから、サービスする時間は60分強。ほら、時給5千円というのもウソじゃないでしょ、というのが店の言い分なのだ。うーん、なんかウマク丸め込まれた気もするけど、確かにそんな悪い条件でもない。けど、ー日9時間働けば日給4万5千円じゃん、などと皮算用していた私はちょっとショックだった。
翌日、どこか煮え切らない気持ちのまま初出勤。自前のキャミソールワンピに着替え、昨日の面接担当相手に実技講習を受ける私であったが、ここでまたもや驚くべき事実が発覚する。なんとこの店、「延長を取る手段としてヌキのサービスもアリ」らしいのだ。おいおいちょっと待ってくれ。完全ノーピンクの店じゃなかったんかい。おまけに従業員かり渡されたサービスマニュアルには、
「90分のコース終了時に指を入れながら延長するかどうかを聞く」だの、追加がとれたらまた
「延長終了10分前にピンク口ーターを使い、アナル付近を眺めながら耳元で嘱くように延長を聞く」だのと、まさにケツの毛までむしり取らんばかりの引っ張りテクが解説してある。従業員いわく、ヌキのサービスは90分の基本コースでそれでも財布のヒモが固い客にチラつかせる最後の切り札らしい。これってやっぱ、ボッタクリじゃないの。けど、延長が取れればその分だけ自分の実入りになる。どうせやるなら稼がにゃ損だ。やるっきゃないか、と私は気を取り直した。
2日間に来た客はたったの3人面接したニイちゃんに実技講習の実験台となってもらい、体中口ーションだらけにしてマッサージのおケイコ。と、彼はさも当たり前のようにいった。
「風俗やったことないっていってたよね。手でヌくの抵抗ない?じゃ、やってみて」
話に聞くと、風俗店などの男子従業員は講習の際、絶対射精をしないのがルールというではないか。なのにコイツ、図々しいな。しかしそんなことを思いながらも気の弱い私は、コスコス彼のオチンチンをシゴキ、射夢ごせてしまいました。それで度胸はついたのだが、肝心カナメの客が来ない。外見からそう人気のある店じゃないとは予想していたが、ここまでヒマだとは。各個室で、本を読んだり他の女のコたちとダべったりして時間を潰すのだが、一向にフロントかりの内線が入る気配はない。2時間待ってやっと客に付けたと思ったら、今度は思うように延長が取れず泣きっ面にハチとはこのこと。口ーンョンまみれの手でお尻やらタマタマやらを散々マッサージされた客はもう我慢の限界、頼むから抜いてくれって状態になるにはなるけど、延長に結びつかない。最初の客は、マニュアルどおり「もうすぐ90分コース終わっちゃうんだけど延長する?」と聞いたまではよかったが、触るとこを間違えてタマを撫でちゃたもんだから、その瞬間射精してしまいジ・エンド。
しかも次の客は「抜きのサービスって言ってもお手々だけだしなあ。今日び、ー万5千円もだせば性感ヘルスじゃお口のサービスも受けられるし、ウマクいけば本番だってOKらしいからね。」
そんな訳で私はわずか2日でこの店を辞めてしまったのだが、その18時間あまりの間に接客した相手はたったの3人。そして給料は1万8千円に終わった。
「気をつけよう、求人広告の甘いワナ」
結局、イイ思いをしたのは、次から次に面接にやってくる女のコにヌいてもらってるあの番頭のようなニイちゃんだけなんじゃないかしら。