0028_20190526171912367.jpg
上司は部下を選べても、部下は上司を選べない。これが世の常だ。私の場合、たまたま転職して入ったリース会社の課長が最低だった。自分の失敗を他人のせいにするわ、酒を飲んでさんざん説教した挙げ句、部下に金を払わせるわ。多くの人間が1カ月と保たず辞めていくのも当然である。職にあぶれるのを恐れた私は、グチをこほしながらも毎日通い続けた。
が、半年近く経つとやはりガマンも限界。何とか憎き上司に仕返しする形で辞めてやろうと考えるようになった。人づてに傷病手当のことを耳にしたのはそんなある日のことだ。病気やケガで会社を退職する場合、半年間以上勤めていれば、退職金やら傷病手当やら失業保険が一気に入ってくるという。当然、病気の範瞬には精神病の類も含まれるらしい。とすれば、どうだ。さすがにケガのフリはできないが、頭がおかしいマネくらいなら私にだってやれる。バカ上司に一泡吹かせてヤメるにはこれしかない。私は、勤務が半年を過ぎるのを見計らってさっそく作戦に踏み切った。まず、唐突に会社を休んだ。理由は原因不明の頭痛。
「とにかく頭が痛くて動けない。何の薬飲んでも効かない」と、苦し紛れに電話で訴えた。会社は休みに対して非常に厳しかったので、バカ上司もいい返事はしなかったが「とりあえず今日だけ」ということで、なんとか免れる。そしてその日、病院へ足を運んだ。精神科のあるT医院である。重厚な玄関扉を開け、靴を脱ぎ恐る恐る中へ入ると、受付でアンケート用紙を書かされた。
「夜眠れない」界に出たくない」「他人の視線が恐い」「死にたくなることがある」
それらの質問項目すべてに〇を付け、長椅子に座る。改めてあたりを見回すと、外来は意外に混んでいた。精神病院といえば、動物園を思い浮かべていたが、皆パッと見は普通の人間ばかり。登校拒否っぼい文学青年風の学生、見るからに頑固ジジイといった風貌の老人。
一癖ありそうながらも、みないたって平静を装っている。予想外だったのは、若い女性がチラホラいたことだ。さすがに人目を忍んで来ているのか、皆っつむいているものの、中には松たかこ風の上品な女もいる。あのコはいったいどんな悩みを抱えてここに来ているのか。やはり男関係か。それとも家族が原因か。その弱々しくも清楚なたたずまいがオレの好奇心を激しくくすぐる。
「谷川さん、お入り下さい」
診察室では若い医師が私を待っていた。聞かれるまま、家庭環境や友人関係、恋愛、仕事すべてが、つまくいっていないことを切々と訴えた。ここまで来たらもっ後戻りできない。
「頭も痛いし、起きていること自体が恐いんです。外に出るのイヤだし、人と話もしたくない」実際、私はビビっていた。うつ病の症状を教科書どおりに口にしている自分が、見透かされているような気がしてならない。
「眠れますか」
医師が聞いてくる。
「一睡もできないからここに来たんじゃないですか」ワザと寝ずに作った目のクマを見せつければ、まさかウソっぱちとは思われないはずだ。結員その日は、いちばんの目的だった診断書とオマケの睡眠薬をもらって帰途についた。
医師が書いた診断書には「1カ月は様子見て含仕を休むこと」としっかり書かれていた。翌日、会社の総務あてに診断書を送り、ーカ月の休養を申請した。ところが、バカ上司は「とりあえず今週いっぱいだけ様子見てみろ」と聞く耳を持たない。そして、さんざん電話で操めた挙げ句、私はついに根負けしてしまった。自分の方から「辞める」と口にしてしまったのだ。
入院病棟の女がわけもなく愛おしい
やむなく自主退社にはなったものの、傷病手当だけは必ずもらってやる。退社後、私は社会保険事務所に足を運び、傷病手当金を給付してもらう手続きを取った。なんといっても、もらっていた給料の約6割が毎月受け取れるのだ。これをもらわないなら、あんな芝居を打った甲斐がない。申請はあっけなく通ったが、毎月継続してもらうには、担当医の診断書が必要とのこと。月に最低2回は通院しなければならないらしい。
診断書が免罪符になる以上、これは避けられないだろう。こうして私の偽装通院生活が始まったわけだが、病院へ行くたびに毎回2つのことが気になっていた。1つは毎lijl決まって数人の若い女と顔を合わせることだ。しかも、揃って皆、マトモなルックスをしている。ある日、恐る恐るそのうちの1人に声をかけてみると、受け答えもいたってマトモだった。
「私、自律神経失調症なんです」なんで精神科に来ているのだろうか。自分から病名を一箪2めたり、かなり冷静か、キテるかのどちらなんだろうが、彼女の身なりや表情を見るに、とても病気には思えない。精神科を特別視している私の方が変なのではと思ったほどだ。
そしてもう1つが、病院の駐車場の向いに建てられた入院患者用の病棟だ。窓には鉄格子が張ってあり、中からかすかに女の声が聞こえてくる。どこか楽しげでもあり、悲しく響いているようにも聞こえた。鉄格子ということは、閉鎖病棟だろう。外来では見かけない、ちょっとやっかいな人間が入っているに違いない。
が、あの黄色い声はなんだ。薬をもらって、さあ帰るぞと車に乗り込むときにいつも窓から聞こえてくるあの女たちの声は。通院し始めて約2カ月たったころ、私はついに耐えられなくなり病棟の建物に近づき、覗いてみた。そして視界に入ってきた風景を見て、私は驚愕する。
それはパジャマを着て卓球をする若い女の姿だった。よく見れば、1人は若いとは言いがたい、30才過ぎだが、スタイルのよい美人。そしてもう片方は、明らかに20前半だ。顔はよく見えないが、色白で背が高い。
ーこんな若いコも入院しているのかー卓球台の横にはオバサンが、そしてその奥にはジイサンが座って本を読んでいた。とすれば、男女混合の病棟か。閉鎖病棟のイメージにはほど遠い、何かゆったりとした空気が流れている。
それからというもの、通院時のノゾキは常習と化す。今日はどんな景色が見られるだろうと思っといてもたってもいられない。あるときは、キャーキャー言いつつバレーボールのまねごとをする彼女らに、また手芸に興じる女たちの姿に胸をときめかせた。本来は立場が逆転してもいいはずなのに、なぜか私はパジャマ姿で入院生活を送る彼女らの姿に憧れの念を抱いていたようだ。
いっそ入院でもしてみようかなー人間、あまりにヒマを持て余すとバカなことを考え始めるものだ。が、このまま元気な体に戻れば給付金がもらえなくなるのも事実。さて、どうしたものか。背中を押してくれたのは、医者の方だった。
「クビを吊る場所を探していた」
なんて相変わらずの重症ぶりを訴えていたのを案じ、
「3カ月くらい人院してじつくり様子を見てみようか」
と勧めてくれたのだ。よし、これで大手をふって入院できる。
おかずの酢豚で入院を実感する
翌日。入院に際して、私はまず荷物チェックを受けた。ナイフなどの刃物やカメラ、携帯電話などを持ち込んでいないか調べるためだ。それをパスし、看護婦の後について歩いた先に、私が収容される閉鎖病棟があった。看護婦が鍵を出して建物の扉を開ける。ギギギィーと鈍い音とともにドアが開いた。中に入ると、まず女性だけの病室があり、ナースステーションを隔てて、奥に男性の病室があった。両者の部屋は長い1本の廊下でつながっている。
部屋は男女ともに8部屋ずつで、各6人ずつ収容可能。私が入っていたときは、男女合わせてざっと80人あまりの患者が入院していた。4人の患者とともに大部屋に入れられた私が、入院を肌で実感したのはその日のタ食だ。おかずの酢豚を口に運ぶ。ウッと吐き出すほどの味気なさ。これからずっとこんなメシを食わされるのか。
夜は夜で、なかなか落ち着かない。隣のボケ老人は痴呆症なのか夜中に起きだして叫び声を上げたり、カーテンを引きちぎるのだ。車イスなしでは動けないから実害が及ぶことはないが、とにかく眠れない。起床は6時半。7時には食堂でいっせいに食事と取る。皆、どうやら座る席が暗黙のうちに決まっているらしく、私は最後に空いている席に座った。腰を少し浮かせ、あたりを見回す。と、若い女の頭がポッリポッリと見えた。顔まではよくわからないが、あれがこないだ見た卓球少女かなんてことを考えながら、メシを掻き込む。
食事の後は、みんなで庭に出てラジオ体操だ。中に戻ったら、検温と脈拍の測定。と同時に、尿と便の回数を報告。なんだか忙しそうなスケジュールだが、逆に言えば、やることはこれしかない。あとはすべて自由なのだ。
唯一、精神病の入院患者らしい風景といえば、午後の薬の時間くらいだろう。ナースステーションの前にズラッと並び、みんなカバのように口を開けて、そこに看護婦が薬を入れていく。さながら動物の餌付けだ。何が入っているのかわからない薬を飲むのは決していい気分じゃなかったが、服用後はやたらと気分がハイになっていくのを感じた。
事件は2日目の投薬の時間に起こった。列に並んでいると、心なしか後ろの方から女の声がする。「ねえ、ワタ…なってよ」ん?「ワタシの愛人になってよ」
まさか自分に言ってるのではあるまいとシカトしてたら、背中をツンツンと押す指が。
「ねえ、あなたのこと言ってるのよ。愛人になってくれる?」
SnapCrab_NoName_2019-5-26_17-18-57_No-00.png
振り返ると、そこには女の役割をすっかり果たし終えたようなオバサンが立っていた。歳の頃、50才過ぎだろうか。野村サッチーから金目のモノをすべて取っ払ったような、どう見てもリッパなオバサンである。この女、いったい何を言い出すんだ。
「えっ愛人ですか。いや、ちょっとそういうのは…今はやってないんですよね」
冗談まじりでそう答えるとサッチーは少しも笑わず言う。
「あのね、私、今こんな体だけどお、ここ退院したら19才の体が手に入るの」「…はあ」
「19才の体が手に入って、そこに私の魂を入れるの。そしたら愛人になってよ」
真剣な眼差しでこれを繰り返されたら、どうリアクションしていいのかわからない。私はひたすら無視を決め込んだが、それが逆効果になったのか、以後サッチーにつけ回されるハメになった。新聞を読みつつ、チラッと目をそらすと遠くから私の方を見て微笑んでいる。テレビを見ていて気づいたら隣りに座っている。他の女の患者に声をかけようにも、この院内ストーカーが気になってまったく近づけない。
「よおモテるのお、若いの」
同室のジイさんからそう冷やかされたときは思わず殴りかかりそうになった。が、よく考えてみれば、決して彼女が変人というわけではない。いや、むしろ逆で、健康な人間と同様に性欲がある証拠なんじゃないか。もちろん、男の患者にも性欲はあるのだろう。
しかし、どいつもこいつもまるで思春期の学生のような野郎しかいない。オマエラ、ホントにチンチン付いているのかよ。性欲はあるがそれをひた隠す男どもに、欲望オバサンたち。これはとんでもないところに迷い込んでしまったなと、私は一人考え込んでしまつのだった。
セックスするにはリネン室しかない
自由時問には、皆が思い思いの時間を過ごす。卓球をやっている男、絵を描いているオバサン、ずっと鉄格子の窓から空を見ている少年、ラジカセで安全地帯のテープをエンドレスで聴いている女・・一方、私はこれといって何もすることがなかった。
「玉置浩二、イイですよね」なんて女に近づいてみたが、まったく相手にしてもらえない。しかし、チャンスは訪れた。入院5日目のことだった。
「あの、お幾つなんですか?」
タ方、新聞を読んでいると、色黒で痩せた女が声をかけてきた。若い頃のいしだあゆみに似た、陰のある女だ。化粧はしていないので、見た目は地味だが、おそらく20代後半だろう。
「今、30才だよ」「あの、私も本をよく読んでるものですから」
話に脈絡がないことを考えれば、オレに好意を持っているとしか思えない。女の名前はミエ。去年人院してきたのだという。
「ダンナは?」「ユウタのこと?それがねえ、ずいぶん前に別れちゃったの」
彼女が精神を病んだ理由はそのあたりにあると読んだが、それ以上は尋ねなかった。相談に乗るとやっかいなことになりそうだ。
「ねえ、おもしろいところがあるんだよ。付いてくる?」
話し込んで30分ほどたったころだろうか。私はフイに彼女の手を取り、棟内をさまよい始めた。風呂の脱衣場はどうだろう。やっぱり鍵がかかってるか。なら面会室は?ちくしょう。こっちも鍵だ。トイレなどは逆に鍵がなくて不安だ。なら、どこへ行けばいいのか。
私はナースステーションと女子の病室の問に、1つ部屋が残っていたのを忘れていた。リネン室だ。ここがあったじゃないか。誰にも見られないよう注意しながら、足を踏み入れる。予想よりもずっと広い。タオルやシーッなどが幾重にも積んであり、物置といったふうだが、申し合わせたかのように真ん中が2畳ほど空いていた。ここしかない。今しかない。そう思っが早いか、私はボーッと突っ立っているミエに抱きついた。
夢中でキスをしながらスウェットの上着の上から胸を掴み、かき回すように左手で操みしだく。外の廊下では誰かが走り回る音がする。心臓が張り裂けそうだ。ノーブラの乳を露わにし、ベージュのパンティを脱がせると、独特のにおいが部屋に充満した。入浴は男女とも2日に1回だから、匂って当然だ。スリルと臭気が私の欲情をいっそうかき立てる。そっと指先をミエのそこに触れてみるともっ溢れんばかりにツユが吹き出ている。私は、夢中で首を動かしているミエの体を起こし、立ちマンの体勢で前から一気に挿入した。
「あ?ーセイジ」
ミエが初めて声をあげた。「えっ?」「セイジ、来て」誰だ?セイジって。ダンナはユウタじゃないのか。一瞬、恐くなったが、もうガマンならない。私は夢中で腰を突き上げた。寸でのところで自分のムスコを抜き、2、3回しごくとビックリするほどの量が飛び散った。わずか5分の出来事でここまで興奮するとは。
次の日も、そのまた次の日も、私はリネン室にミエを連れ込んでは、セックスにふけた。パプロフの犬じゃないが、リネン室に充満する乾燥剤のニオイを嘆ぐと、2人とも急速に勃起し、濡れてった。私は1カ月足らずと大幅に早く退院することになった。
体の数値は正常で十分健康だから問題ナシという医師の判断である。退院の日、普通なら仲の良い患者や医師に見守られて病棟を出るところを、私は誰にも顔を合わせず逃げるようにして自分のベッドを主ち去った。
★ヒマにまかせて、偽装入院し、挙げ句の果てには女性患者とセックス三味どうやらほとんどの男性患者は隠したエロ本を回し読みしながらオナニーすることで満足していたそうだが、私は2人の女とヤリまくった。果たして私は間違っていたんだろうか。今でも多少の罪悪感にさいなまれることがある。が、ナニが悪いんだと問われれば、これがわからない。逆にこっちが聞きたくなるくらいだ。今でも、T医院の近くを通ると思い出す。あのリネン室で味わったスリルと女の体臭を。
関連記事
カテゴリ
タグ