SnapCrab_NoName_2019-5-29_11-39-57_No-00.png
今年ある日、雑誌の取材で大阪・鶴橋に行ったときのことだ。約束より20分ほど早く取材場所に着いた私は、自販機でジュースを買い、近くの公園で休むことにした。冷たいモノを飲んだせいか小をしたくなり、公園内のトイレへ向かう。周りでホームレスが2、3人洗濯していたその公衆便所は、入るのをためらうほどの汚さだ。が、背に腹は代えられない。溜まった水分を放出しホッと前を見ると、壁の出っ張りに置かれた小さなビニール袋が目に飛び込んできた。ゴミだろうとは思ったが、電話番号のような数字が書かれた紙が見える。思わず手に取りビニール袋を開けた。と、入っていたのは女性用のパンティとー枚の紙切れ。淡いブルーの下着はフロント部分がレースになっており、かなりイヤラシイ。
しかも使用済みらしく、アソコが当たる部分は汚れている。私は下着フェチでも何でもないか、紙切れに書かれたメッセージを読み、思わず股間が熱くなった。
「36才、主婦。156cm色白。処置済(コンドーム要)。夫と3P希望といっても夫はポラロイトで写真をとるだけ。長根でスタミナ有る方、メッセージ下さい。」
私は以前、「裏モノ」の取材で行った単独男性入店OKの力ップル喫茶で、他の客とハメまくる妻と、それを横で見る夫という変態夫婦に出会ったことがある。そのため夫は写真をとるだけという一文に興奮を感じとったのだ。取材を終えるとさっそく紙切れに書かれた番号に連絡
翌朝、確認したところ、なんと「あああーん、ああ…。はあ、ああ…。き、気持ちイイ・・」
といっう実に悩ましい声が登録されていた。すっかりコーフンした私は、メッセージを返そうと受話器を持ち上げたが、裏モノライターの悲しい性。「何か裏があるに違いない」という考えが頭をよぎる。3Pの相手を探すならテレクラやカップル喫茶に行けば相手をその場で確かめてからプレイすることもできる。
なのに大阪の、それもホームレスがたむろするような公園のトイレにわざわざこんなメッセージを置くのか。もう一度、紙切れをよく読んでみると、次々と湧いてくる。「3P希望と云っても・・」とあるが、36才の女性が“云“という漢字を使うだろうか。「スタミナ有る方」のも怪しい。ここで連絡を取るのを止めた。
関連記事
カテゴリ
タグ