SnapCrab_NoName_2019-6-22_13-21-55_No-00.png
昔からおかしな噂を立てられる。19才のとき、自転車に乗っていたら後ろからオレを呼ぶ声がした。同級生の5である。
「おう5、ひさしぶり」
「おお、おまえ大学受験に失敗してノイローゼになって、今は魚屋でアルバイトしちょるんじゃろが」「なんじゃ、そりゃ」
大学受験に失敗したのは事実だが、ノイローゼになった覚えはないし、魚屋でバイトしたこともない。どこでそんな噂が立ったのだろう。興味半分、誰が言い出したのかを知り合いに聞いてまわった。すると、魚屋の自転車に乗って魚を運んでいたのを誰かが見たらしい、というところまでは突きとめたのだが、誰が流したかまでわからない。まったく、なんでオレが魚屋でアルバイトしなきゃならないんだ。その後も根も葉もない噂を立てられた。
最近、苦笑したのが、結核にかかって入院したというものだ。お見舞いのメールなども届いて、否定するのが少し面倒だった。
近頃は親切な読者がいて、インターネットの掲示板などでこういっ噂が出ていますよ、と教えてくれることもある。見に行ったら、案の定、根も葉もないことが書かれていたりするのだが、その代表というべき場所が「2ちゃんねる」という掲示板だ。バスジャックをした少年が「ネオ麦茶」といっ名前で書き込みをしていたのも、ここだ。
「雑誌」という力テコリーを見れば「裏モノJAPAN」についての話題もある。が、そこに書かれていることは嘘ばかり。どころか、下関マグロの名前の書き込みまであるではないか。もちろん、書き込んだのはオレじゃない。と、否定したところでどれだけの人が信用してくれるのだろう。インターネットはそもそもが匿名メディア。ある有名歌手が本当に書き込みをしたが、本人とは信じてもらえなかったという話もあるぐらいだからね。
ところで、先日、2ちゃんねるを覗いていたら「雑誌@第1回オフ会開催のお知らせ」なる書き込みを見つけた。オフ会というのは、ネットを通じて知り合った人々が直接会うことで、日時は5月18日の午後9時半場所は高田馬場のビッグボックス前とある。すでに、ずいぶん書き込みがある。なんだ、来るとか来ないとか書かれているライターの中に下関マグ口の名前もあるぞ。オレの知り合いだというのが「マグロ氏は参加」などと書いている。
つい今、見たとこなのに、なんてこった。まった嘘ばっかりだなあ。しかし、考えてみりゃこの手のオフ会には一度も参加したことのないオレである。試しに出てみようか。掲示を見れば、参加希望者は書き込みをしろとある。ここに「下関マグ口」と書いて送信すればいいのか。けど、名前を書き込んでも信じてもらえないだろうなあ。しばし、迷ったうえ匿名で「参加します。体験派ライター」とだけ書き込む。ひとまず、これでいいか。
いや、やっばりー人で行くのは怖い。そこで、ライターの奈良崎コロスケ氏に電話し一緒に行ってくれるように頼んでみたら、快諾。当日、午後9時高田馬場の喫茶店で待ち合わせることになった。
「さて、どんなヤツが来るんだろう。」10人くらい集まっちゃうんだろうか。ネオ麦茶みたいなのが現れ、いきなり刺されちゃったりして。いやだなあ。気が滅入ってきた。9時半ちょうどにビッグボックスの前に行った。それらしき団体はいない。
と、そこに見知った顔が1人。ライターの梅宮貴子さんである。もしかしてと声をかけたら、案の定だ。彼女もー人で参加したという。とりあえず、これでオレとコロスケ氏&ガールフレンドを合わせ4人。こんなものか。と思いきや、
「あの、下関マグロさんですよね」
若い男2人組が声をかけてきたかと思うと、続いてー人の若い女性にも名前を呼ばれ、さらに女性の3人組がやってきた。これで全部で10人。内訳は男4、女6。コロスケ氏が「いちばん予想できなかった展開ですね」と言うが、実際こんなうれしいことはない。といつわけで、近所の居酒屋に移動。まず、女性陣にデジカメを向ける。が、梅宮嬢以外は「顔出しはNGです」と顔を隠す。みんな美人なのにねえ。
自分の素性を語らなかった女性陣も酒が入ると少しずつ、どういっ仕事をしているのかしゃべり始めた。とはいえ、ライター、大手出版社の編集者など、結局はみな業界関係者ばかりである。それでも、共通の知り合いが見つかったりして、話は大いに盛り上がる。いやー、やっばり若い女のコと酒を飲むのはいいもんだ。ますますテンションは上がり、調子に乗って普段は行かない2次会へも参加。うまくすれば、誰かとラブホテルにと考えたがそんなにうまくはいかない。飲むだけ飲んでお開きとなった。
コロスケ氏に5千円を借り、タクシーで帰宅。さっそく、バソコンのスイッチを入れ、下関マグ口の名前で、今日の感想を書き込む。が、やはりというか誰ー人として信じていない。どころか、いのまにかオレが結婚したなどというガセネタまで流れている。まったく、ネットの世界ってのはウソしかないのかねえ。
関連記事
カテゴリ
タグ