0036_2019070107202449b.jpg0037_20190701072025b2d.jpg0038_20190701072026724.jpg0039_201907010720287dc.jpg0040_201907010720296ec.jpg0041_2019070107203118b.jpg
「河内さん『C』っていうカップル喫茶、行ったことあります?読者からの情報なんですけど、なんかスゴイとこらしいんすよ!」
「へ、詳しい話、聞かせてくださいよ」
相変わらず、カップル喫茶という言葉に輔蔵心に反応してしまう。ご存じの方も多いと思うが、3年前、俺は「カップル喫茶の取材のアシスタントをお願いできませんか」という誘い文句でナンパ作戦を敢行、華々しい実績をあげたた男である。
興味を示す女性は確実に見つかり、カップル喫茶に入りさえすればそれこそこっちのもん。他のカップッルのエッチに興奮した女の子をそのままいただいちやうのは、至極簡単であった。
当然、カップル喫茶&カップルスペースには幾度と酵なく足を運んだことがある。
同意の上ならば何でもアリ。
シャワーを浴びてバスローブに着替えるということは、カップル交換、乱交が前提に違いない。俺が今まで行ったことのある店でも乱交カップルはまれにいたが、あくまで相互鑑賞が基本。うん、これは聞きしにまさる過激な店のようだ。
不安げなミドリに気を遣い、とりあえず舎偵貝に聞いてみた。それを聞いて少しホッとした様子の彼女には悪いが、俺は内心ワクワクしていた。乱交とまではいかなくとも、カップル交換や4Pくらいならぜひチャレンジしてみたい。最初はイヤがっても、いざとなればミドリも拒みはしないのではなかろうか。その隣が加畳以上はありそうな広いプレイルームだ。布団が8組ほど敷き詰められており、ここでは2組の中年カップルがイチャイチャしていた。
廊下の右側はカーテンでしきられたボックス席が3つあり、その奥に小さいプレイルーム。ここにも1組のカップルがおり、すでにシックスナインの最中だ。
いずれにせよ、大盛況という状況とは程遠い。まだ時間が早いのだろうか。
バスローブに着替え、しばし様子を伺っていると、そのうち隣のプレイルーム(小)から女性の端ぎ声が聞こえてきた。
「ああ、気持ちいい-もつと-」
どうやら、本番に突入したようだ。いかにも淫摩な声が店内に響き渡る。と、これに刺激されたか、
大きいプレイルームからも淫らな声が漏れ始めた。うん、聞いてるだけじゃつまらん。ちょっと覗いたれ。プレイルームでは2組のカップルが並んでエッチの真最中だった。
女同士胸を触りあったり、男が隣の女の身体を触ったり、まさに4P状態。その様子を一戦終えたカ
ップルがすぐそばで眺めている。
そのうち男同士で一言二言話したかと思うと、女性から離れ、パートナーをチエンジ。2人の女性
は何の抵抗もなく別の男を受け入れ、さらに大きな端ぎ声をあげた。
「え〜、うそや。え〜っ」
廊下で覗くミドリが小さい声でつぶやく。確かに、これは刺激が強すぎる。すでに俺の息子もビンビンである。ミドリの手を引き再びボックス席へ。前戯もそこそこにソファの上で正常位でぶち込んだ。彼女もかなり興奮しているのだろう。足で俺をはさみ、腰を激しく振りまくっている。
関連記事
カテゴリ
タグ