a030_20190722201923af9.jpga031_201907222019253bf.jpga032_20190722201926f3d.jpga033_20190722201928249.jpga034_20190722201929c8b.jpga035_20190722201931320.jpga036_20190722201932346.jpga037_20190722201934f73.jpga038_20190722201935d01.jpga039_20190722201937ce1.jpga040_201907222019384a7.jpga041_20190722201940184.jpga042.jpga043.jpg
高校卒業以来、ずっとこんな生活だった地味で華のない毎日…
私はそのストレスを出会い系で発散した
見知らぬ男と肌を合わせることで私は退屈な日常を忘れようとしていた
会った男は100人を超える。
でも回数を繰り返すごとに刺激は薄れていった
1年前のある日
どうしてこんなにドキドキしたのだろう
出会い系の時とは全く違う刺激だった
エッチ相手が欲しいだけなら出会い系でもいい。
でもこの方法ならすごい変態がすごいことをしてくれるはず…
知らない番号…!今どちらですか?
え、駅だけど…
オマエ変態なんだな
ほら立てよ。入れてやるから
あ、ありがとうございます!
求めているのはこれだった
よし出すぞ!
恋愛を装った「好き」とか「可愛い」なんてウソの言葉はいらない
エンコーしたいの?
いえ、お金はいらないので会ってエッチなことしたい
まさみちゃん?
はい
いつもこんな感じで男と会ってんの?!
いつもじゃないです…
ほら、もう話してるだけで立ってきちゃったよ
ほら触ってみて
夕方、大きな駅で書き込んでもすぐに消されてしまうし、仮に連絡が来ても夜中だとすぐに会えない
だから夜遅く自宅近くの小田急沿線のトイレに集中的に書き込むことにした
以来、反応が増えた薄汚い男たちのギラギラした欲望に私は悦んで応えつづけた…!
あ、もしもしあの、トイレで見たんですけど
電話の声は若い女性だった
どうやら男女兼用のトイレに書き込んだみたいだ
少し興味を持った
この1年で会った相手は20人を超えた
関連記事