201502102.jpg 201502103.jpg201502100.jpg 201502101.jpg私の方法、まったく脳みそを使わず、使うのは身体だけです。あらかじめ言っておきますが、20〜30
代前半のきっちりした女性は相手にしてませんのであしからず。狙うのは30代なかば以上のブサイクさんだけです。でもいいんです。あのコたちが喜んで私のちんぽを咥えてくれるのですから。
方法は、フリータイム中に女性の手を握ること。これだけです。決して彼女たちを口説いて手を握っているのではありません。世間話をしながら手を握るきっかけを探すのです。「腕細いね、腕相撲
したら絶対負けそうだね」といってギュッ。
「そのネイル、派手すぎるからスタッフに見つかったら退場になっちゃうよ?バレないようにテーブルの下に隠しておこうよ」でギュッ。その意味では握るというよりも掴む、といったほうが正確かもしれないです。とにかく手を握り続けることが大事なんです。
これに抵抗のなかった女性はその日のうちに間違いなくベッドにゴロンとしてくれます。ホテル前のグダもゼロ。手を握る時もそうですが、強引になんでもできちゃうのでついついセックス中いじめすぎちゃうんですが、まあそれは許してください。なにごとにも従ってしまう気の弱い女、断れない女というのはもっとも性奴隷の候補になりやすい。事実、俺が現在抱える性奴隷は全員このような特徴を備えている。では、彼女たちをどこで捕まえてきたのか。答えは路上である。街中やエレベータなど、人ごみの多い場所でわざと女にぶつかるのだ。ただし、俺が仕掛ける相手は不美人の女性のみ。綺麗な容姿の女性にアタックできる男などまずいないだろう。この作人を相手とするから成立するの戦、不美だ。合、女たちの反応わざとぶつかった場はおおむね三種類だ。
1 無視
2 イラつく
3 謝る
俺がターゲットにするのは三番目の謝る女。すぐに近づき、そこからはいわゆるナンパとなる。ナンパといっても尻込みの必要はない。相手は不美人で、しかも先ほどの「非がないのに謝る」ことで、気が弱いことが証明されているのだから。サエない俺も、この方法だと本当に臆せず声かけできているので、みなさんもお試しあれ。もちろんセックスまでこぎつければ、この種の女は面白いように従順になる。
婚活ブームと少子化問題を受けて、最近では自治体が男女の出会いを斡旋する場を設けていることが少なくない。その形態はさまざまだ。結婚相談所のように条件に見合う男女のお見合いをセッティングするものから、料理やスポーツなどのレクリエーション活動を通して男女の出会いをプロデュースするものまで。薄々気づいているだろうが、このような場に来る女性というのはとにかく地味だ。化粧もほどんどしていない。もっと言えば処女の可能性も高い。これまで恋人がおらず、結婚相手を見つけるために行政のシステムを利用するというのだからその真面目っぷりは察しがつくだろう。だが、モノはなんでも使いようである。俺はこうした行政主催の婚活パーティで地味女を食いまくっている。もっと言えば、便利な肉便器として使わせてもらっている。
その方法はいたってシンプルだ。彼女たちとヤるのにチャラい会話術も派手ファッションもいらない。むしろそれは地味女の前では逆効果ですらある。自らの職業を「公務員」にすること。ただこ
れだけだ。
この公務員という職業、絶大な効果を発揮する。地味女たちは30代後半であるケースが多く、良い条件の人がいれば即結婚、というマインドでその場に臨んでいる。そのため、一度気に入られたらセックスへの道はとにかく早いのだ。彼女たちの考えはこうだ。公務員だったら結婚してもいいかも、公務員だからセックスしてもいいかも、公務員だからイラマチオされてもいいかも、公務員だから精子は飲んでいいかも、とすべて「公務員だから」という理由で俺の要求を受け入れるのだ。幸いなことに、処女の場合、ほかとの比較ができないのでより性奴隷化は容易だ。
関連記事