SnapCrab_NoName_2019-7-27_13-59-19_No-00.png
セックスレスに耐えられないようで
ハローワークーで募集していた市の臨時職員として3カ月だけ働くことになった。仕事内容は、休耕田や荒れた田畑を持つ農家と、その土地を有効利用したい建設業者とのあいだの橋渡し役だ。
朝役所に出向き、自分が担当する地域を確認し、あとは営業車で農家を一軒一軒回って「土地を売ってくれ」とお願いするだけだ。現場ではほとんどの家でムゲに扱われた。この辺りは閉鎖的な地域で、市役所からの訪問者とはいえ、オレみたいな知らない顔はまともにとりあってもくれない。
「余ってる田んぼなんてないよ。帰ってくれ」
「忙しいから、話してるヒマないねえ」
田舎のおっちゃんおばちゃんなんて、実は冷たいものだ。
そんな生活が続いたある日、なにげなく訪れた農家でのこと。ノックをすると出てきたのは東南アジア系の女性だった。40才前後といったところだろうか。
我が市は、20年以上も前に、海外(特にアジア)からの花嫁を迎える事業に力を入れていたこともあり、アジア女性の姿は珍しくはない。
「ドチラ様ですか?」流暢な日本語だ。日本に来て長いのだろう。
「使っていない田んぼや利用に困難な土地はこざいませんかっ」
「アラーよくワカラナイけど入ってー」
ずいぶんオープンだ。見知らぬ男を家にあげるなんて日本人のおばちゃんでは考えられない。これもお国柄か。
「それで市で推進している土地の有効利用で」
「わからないワ。ワタシ、フィリビン人です」
とても仕事にならない。なんでも彼女は15年前にフィリピンからこの家に嫁いできたそうだ。
「ワタシ、毎日ヒマよ」
異国に来て15年。田舎の偏見ゆえか、同じ境遇の友達しかできず、ちょっとした話し相手にも不自由しているのだろう。根が明るいフィリビーナ、ときおりボディタッチを交えながら、旦那の悪口や息子の心配などを次から次へとしゃべりまくる。
「あの、よかったらまた聞きますんで、携帯のアドレス、教えてくださいよ」
「ハイ、これネ」
その後メールで何度かやりとりをするうち、向こうから「力ラオケに行きたい」と誘ってきた。これってもしかして?
約束の日、彼女は豹柄のマイクロミニワンピースにガーターベルトという、ド派手な格好でやってきた。ムラムラしたオレはそのまま彼女の手をとってラブホに向かい、なんの了解も得ぬままチェックインした。
ベッドに座るや、彼女はいきなりジーパンの上からチンコをこすってきた。そのままパンツの中に手を突っこんでチンコを取りだし、すぐにフェラ開始だ。ギンギンに立ったチンコに自らゴムをかぶせ、馬乗りになって腰を振る彼女。
「オウーーーイェアー」
し、死ぬーー!終わってから彼女は言った。
「エッチ10年ぶりョ」
セックスレス10年。だから欲望を抑えきれずに、といったところだろうが、日本人のおばちゃんならこう安易には行動しまい。不遇に耐えることが当たり前という文化がなんとなくある。でもフィリビンの血を持つ彼女には、セックスレスなどという言葉は、ありえないのだろう。その後も彼女と何度かセックスするうち、うれしい提案を受けた。
「あの、ワタシの友達とも会ってくれないか?すごくキレイだよ」
同じくフィリピンから農家に嫁いだ女性と会ってほしいという。ってことは、やっぱ・・
2人目のフィリピーナは大きな胸が特徴的だった。アチラの国の流儀なのだろうか、彼女もまたホテルに入ってすぐおそい掛かってきたのだった。
調子に乗ったオレは本来の営業そっちのけで、国際結婚ガイジンを探しはじめた。市は外国人女性を受け入れる際、国籍によって地域を分けていた。A町はフィリピン、B町は韓国、C町は東欧といった具合だ。大挙してきた彼女らも現在はアラフォーとなり、セックスレスに悩んでいるに違いない。試しにB町の農家に片っ端から飛び込むと、まもなくそれらしい女を見つけた。
「ずっとこの町にお住まいなんですか?」
「いえ、私は結婚するときに韓国から来たんデス」
後日カラオケに誘い、そのままホテルに連れ込むという方法でイケた。
C町のウクライナ人の女とも関係を持った。しかも旦那のいない隙に自宅で・・・このときオレはカバンに口シア製のポルノDVDを隠し持っていた。
「こんなの見たくない?」
「ワァー面白ソウー」
無修正の局部を食い入るように見つめる彼女。大きな目を潤ませオゥ、オゥとつぶやいている。
「オウ、スゴイ…」
その言葉を合図にアソコに手を伸ばすとすでにグチョグチヨ。少し触れただけでアエ》
咽ギ声を出す。
「気持ちイイ…」
旦那が帰ってきたら、鍬で殺されてたかも。
契約期間の3カ月で食えた外国人は5人。いずれも40オーバーながら、激しいセックスは半端なく燃えた。田舎のセックスレス外国人おばちゃん、狙い目です。
0050_2019040315392089e_20191022202751273.jpg
近ごろ中華料理の「日高屋」のバイトは、中国人率が高い。特に都市部の店舗のホール係は、向こうの女性ばかりだ。みなさんは考えたことがないだろうか。異国の地で暮らしているんだから少なからず寂しいと思われる彼女たち、ナンパできるんじゃないかと。私はこの2年ほど、それを実践している。アプローチ自体は、特に凝ったことはしていない。まずは週2、3回のペースでメシを食いに行
き、見かけるたびに軽くしゃべりかける。「中国のどのへんから来たの?」「日本に来てどれくら
い?」などと。そして2週間ほど通ったら、LINE&ウィチャット(在日中国人がよく利用しているSNS)のIDを書いたメモを差し出し、こう言う。
「いつも笑顔がいいねぇ。今度差し入れでも持って来るよ。でもいなかったら寂しいし、これ、オレの連絡先なんで、よかったら来週のシフト教えて」
連絡がきたら、差し入れ(キットカットなど)を持って、さらに数回通ってからメールで食事へ誘うという流れだ。ただこの作戦、若いスタッフ(大半が留学生)相手では上手くいかない。メールのやりとりくらいはいけるが、食事はダメ。中国女は国民性として、ナンパにホイホイ食い付いてくる感じではないのだろう。しかし、在住暦10年以上の熟女(30代後半)相手ではハマった。長く住んでいるので日本のノリが馴染んできているのか、すんなり食事に食い付いてくれた女が3人。即マンはムリだったが、まめなメールと2回の食事で2人とヤレている。残りの1人についても現在口説き中で、たぶんヤレそうな感じだ。
中国人女性を激安価格で抱ける高円寺流本サロの中身とは
地元杉並区の抜きスポットを検索していたところ、一軒の店が目に止まった。
高円寺エステ
単なる店舗型の性感工ステ、と思いきや、どうも臭う。システム欄のところに、意味深な文章が掲載されているのだ。〈もう西川口はいりません〉〈独自のやり方〉要するに、性感工ステは表の顔で、実は本番OKってことっいよいよ本サ口が登場したのか?さっそく店に問い合わせたところ、「申し訳ありませんが、電話ではいえないんですよ。ただ、こ満足いただける内容ではあると思いますよ」このモノ言い、ますますもって怪しい。実地調査してみますか。
店は、南口から歩いてー分の場所にあった。レンガ作りのビルを3階まで上がり、スナックのような扉をあける。「イラシャイませー。ドウぞ、ドウぞ」出迎えてくれたのは、妙に安っぽいメイド服を着た40才前後のオバチャンである。このイントネーション、中国人か。中は、6畳ほどのスペースに、バーのような力ウンターとテレビがーつ。床の織議がやけに汚いのが気にかかる。
「ネット見てきた人っ」「え、ええ」「じゃ、ソファに座って。説明スルカラ」
オバチャンは言う。当店は日本人ばかりで、料金が60分9干円。時間内は何発でもヤッて構わない。って、マジすかっありえない中身なんですけど。「ケド、写真で女のコは選ベナイョ」なるほど、二目と見れないブス、ブタ、ババアって可能性もあるってことか。ま、たかだか9千円。ダマされても痛くはない。プレイ代を渡し、カーテンの奥へ入ると、暗い通路にまるでテコキボックスのような個室が5、6ほど並んでいた。と、おもむろにーつの個室のアコーディオンカーテンがオープン。見れば、すでに下着姿の女が待機しているではないか。「イラシャイませー」歳のころなら30代前半だろうか。エラの張った顔にたるんだ腹。しかも、この口調はどう考えても中国人。ま9千円だもんな。
「じゃ、シャワー行キマショウ力」素っ裸でタオルを腰に撤き、2人して個室の外にあるシャワールームへ。扉を開けた途端、異臭が!
水周りが悪いのだろう。とても耐えられん。チンコ洗いもそこそこに部屋に舞い戻る。「ソコに寝てクダサイ」うつぶせにした俺の背中にタオルをかぶせ、女がマッサージをし始めた。実に気持ちいいが、10分、20分とたっても、一向にセックスへと移る気配はない。よもや、抜きなしで終了なんてオチかワおいおい、9千円でも、それは勘弁してくれよ。ここって、他のサービスあるんじゃないのっ「ドウイウコト」「マッサージだけで終わりなのかなーって」
「ハハハ、馬鹿ダネー。ソンナワケナイデショ」30分後、マッサージ終了。女がブラとパンティを脱ぎ、俺の横に寝転がる。いよいよお楽しみタイムか。まずはキスを交わし、アソコを触る。と、早くもヌレヌレ。興奮気味に、俺は女の口元にペニスを近づけた。「ね、してよ」女は、ペニスにくるくるとスキンを巻き、パクっとくわてえきた。9千円だと、ゴムフェラ止まりらしい。3分ほどしゃぶってもらい、正常位で挿入。感じまくる女の顔を見ながら、あっという間に射精する。なんてことない中身だが、とりあえず、看板に偽りはなかった。にしても、この店、なぜこんな安い値段で営業できるのか。女は言う。「ウチの店は中国か韓国のコバッカリョ」何でも彼女、もともと日本人の男性と結婚してたのだが、最近、離婚。生活に困っていたところ、ネットで今の仕事を見つけたのだという。「アパートも遠いし、いまは店で寝泊りしてるネ」想像するに、この店、わけありの外国人を集め、安い給料で働かせているようだ。にしても本番OKで9千円は破格だろう。キミ、ちょっと安く売りすぎじゃないっ余計な心配だけどね。
関連記事
カテゴリ
タグ