0068_2018022521231825c_20190812204156154.jpg0069_20180225212319c3c_201908122041588cb.jpg0070_20180225212316afc_20190812204159498.jpg0071_201802281833213c4_201908122042019a8.jpg0072_20180228183322504_20190812204202310.jpg0073_20180228183324b5d_20190812204204faf.jpgどうやって隣同士になればいいのか。いきなりドッコイショと移動するのはあまりに不自然だ。
正解は、トイレに行った帰りに携帯の写メを見せながら隣りに座る、だ。
「ほら、この写メ見てよ。これさぁ…」いったん座ってしまえば、今度は逆に、また対面に。
気遣いのできる男を演じようと「時間大丈夫?」などとは間違っても
聞いてはいけない。あっさり帰られてしまうだろう。終電に乗せない手法は3つだ。
■ 新たなドリンクを注文する………ただし、女の前でオーダーすると
「あっ、もう時間ないし」となるので、トイレなどへ向かう途中で店員をつかまえて注文を。
■ 先手をうって、自分が終電を逃したことにする………「あ、しまった。俺、タクシー使うから送ってくよ」と先制攻撃。「終電来ちゃう」↓「いいじゃん、送るから」の流れより、先手をうっておいたほうがヤラしくない。
■ 長くなりそうなややこしい相談をする………「友達の彼女が不倫してるんだけど、その相手がオレの上司のダンナさんなんだよ、誰にどう言っていいかわかんなくてさ」など。関係性を理解するだけでもたっぷり時間がかかるだろう。
あなたに興味がないのではなく、探りを入れてきているものと認識しよう。だから正解は「オレじゃ駄目なの?」となるが、ポイントはすぐに話題をそらすこと。しつこく問いかけるのではなく、あくまで好意を持ってるんですよとジャブを放っておくだけでいい。
「オレは結婚なんか考えたことない」なんて言ってしまうとその場で終了する。でも「オレもすげー結婚考えてる」だと後々面倒が起きる。よって正解はこちら。
「俺も前カノと結婚考えたことあるよ」
 要するに、結婚もアリな真っ当な男だとさえ思わせればよい。これは簡単。女のすべての意見に対し同調しておけばいい。
「あー、俺もそれ好きなんだよ」
「え、あの映画面白くなかった? 俺もダメだったなー」
 女との会話において、自分の本当の趣味趣向を伝える必要などからっきしない。そうしておいて、ところどころ「気が合うね〜」を連発しておけば、2人の相性はピッタリということになる。
女の仕事のグチは、適切なアドバイスを求めているわけではない。ただただ、自分が正しいと認めてほしいだけだ。なので明らかに彼女が間違っていようが、あるいはベストな対策を知っていようが、答えはマンガのようにただ一つだけだ。
自らのオヤジ臭さを自嘲気味に笑い飛ばすサバサバ女も、突き詰めれば一人の寂しがり屋の女である。女っぽく振る舞うことに照れているだけだ。一緒になってギャーギャー騒いでも、その寂しさは埋まらない。このタイプに一番効果的なアプローチは、どんな些細な点でもいいので女らしい一面を真顔で誉めること。
「この人、私の本当の姿に気づいてくれた」と、ナヨナヨした弱い一面をオープンにしてくる。
普通は腕時計やスーツで金持ちアピールするものだが、貧乏人には難しい。なのでまずは前もって見せ金として5万円程度用意しよう。そのうち3万円分程度を千円札に両替えして、革製の長財布に入れ、厚みを出しておく。店を出るときトイレに行くフリをして、「ごめん、これで会計しといてくれる?」と財布を手渡す。トイレから戻れば、彼女の顔色が変わっているはずだ。
デートのノウハウ本には、ドアを開けてあげようだの、椅子を引いてあげようだのと載っている。確かに有効なのかもしれないけれど、面倒なことこの上なしだ。そんな英国紳士みたいなことやってられるか!手っ取り早く優しい男だと思わせるには、犬や猫の写メを一枚持っておくだけでいい。
「ほら、これカワイイっしょ」
女とは、動物を愛でる人=女性にも優しい人と思い込む生き物なのだ。
関連記事