上玉な女子大生とエッチが出来る穴場だ

0090.jpg 0091.jpg 0092.jpg 0093.jpg 0094.jpg 0095.jpg
このレベルの女子大生のオマンコが見れるなら手コキ店で十分!?
一発10万の高級ソーブや高級デリ、学生専門をうたうピンサロに行っても、本物の女子大生、それもミスキャンバス候補クラスの超ハイレペルな女子大生は絶対に現れない。
憧れの女子大生とエ口いことがしたいとき、我々男たちはいったいどこに行けばいいのか。答えはただ1つ、オナクラしかない。
女子大生だらけのオナクラがある。マニアたちの間でも東京で一番のレベルを誇る名店とうたわれ、写真指名なしで入っても絶対にハズれを引くことがないオナクラとして伝説になっている。その代わり、料金も手コキ店としては最高水準だ。30分のコースで入会金とホテル代も合わせると1万円超。フェラもないのにこの値段、だからこそS級女子が集まるのだ。
ホームベージを覗いてみると、本日出勤している15人ほどの女の子の写真が載っていた。半分はア
バレルや店員などの社会人で、残りの半分が学生だ。どの女の子も顔にモサイクがかかっているが、服装やスタイルなとの雰囲気は上品そのもの。期待が高まる。とりあえず直接お店に行って、モザイク無しの写真を見ないと。電話に出た愛想のいい店員によると、常時5人以上は動ける状態なのでいつ来てもいいとのこと。さっそく電話の誘導で受け付け場所に向かった。
「いらっしゃいませー。上野さまですね。こちらへどうぞ」
店員に促されるまま、受付のスペースに移動すると、横の壁一面に、100枚近くの女の子の写真バネルが貼リ付けてあった。本当にぷったまげた。どれもこれも細身で色白の超美形ばかりで、モデル事務所の写真を見せられてるようだ。ざつと見た感じ、ハズレがたったの1人もいないりこんな奇跡のような場所があるなんて。
「はい、ではコチラが本日出勤してる子になリます」
店員から数枚の写真を手渡された。普通ならこの時点で瞬間的にハズレを除くものだが、可愛い。とりあえず店員に女子大生の子だけをビックアップしてもらうと、2人の候補が上がった。
ー人は竹内由恵アナ激似の子で一番タイプだが、60分待ちとのこと
隣りの米倉涼子を柔らくした感じのAちゃんなら5分で入れるらしい。彼女に決定だ
近くのレンタルルームに移動した。3畳程度のレンタルルームに入り、待つこと10分。ついに女の子が現れた。
「こんばんはー、どーもー」
笑顔で登場したAちゃん、思わず絶句してしまうほどの美少女たった。バッチリしたニ重に真っ白でツヤツヤの肌笑ったときに覗く歯並びもよい。米倉似のバネル写真も相当可愛かったけと、実物の方が可愛いなんて経験は初めてだ
こんな美人の半径1メートル以内に立ち入ったことすらないのに彼女にチンコをしごいてもらうと思っただけで倒れそうになる。思わず立ち尽くしていると、挨拶を終えたAちゃんがマゴマゴしている。まだブレイの流れを理解してないのかも。
「どうすればいいかなっ」
「えーと、じゃ、とりあえず服を脱いでもらえますかっ」
いわれるまま全裸になって、ベッドに座ると、Aちゃんが横に座った。なんだか緊張するないきなりチンコをしごかれるのも味気ないので、少し学校の探りでも入れてみよ
「学生って書いてあったけど、女子大行ってるのっ」
「いえ、共学ですよ」「短大っ」「いえ、4年制です」
「そうなんだ。キャンパスは新宿なのっ」「いえ、お茶の水ですね」
4年制の共学でお茶の水にキャンパスとくればN大かM大か。
「雰囲気、文系っぼいよね」「ホントですか文学部ですよ」
確かN大は理工学部のキャンバスだったはずだ。てことはM大で決定か。彼女のレベルならミスキャンバス間違いナシですよ、ホント
「それにしても、Aちゃん可愛いよね」
「そんなことないですよ」
「でもみんなにいわれるでしょ」
「いえいえ。ここにいる子たちみんなすっごい可愛いんですよ。最初に待機室入ったときビックリしましたもん。ホントにモデルさんとか芸能人みたいな子ばっかりで」「そんなにっ」
「うん。ほかの子も気になったでしょ」
確かにバネル写真の子たち、みんな可愛かったもんな
学校もわかったことだし、そろそろシコシコしてもらおうか
「じゃ始めてもらっていいかな」「あ、はい。じゃ触リますよっ」
Aちゃんの温かい指先が半勃起状熊の愚息に触れた。慣れてないのか動かし方がぎこちないしかしそのつたなさが素人っぼさを強調し、彼女がごく普通の女子大生たということを思い出させてくれる。そのたとたどしい触り方、オジサンたまらないです。
でも渇いた指でイジられ続けてもイマイチなので、口ーションブレイをお願いしてみよう。
「わかりました。じゃ口ーション付けちゃいますね」
口ーションでヌルヌルになった手がチンコを包み込むと、勃起の勢いが少し増してきた。よし、ここらで目をつぶって妄想してみるか。M大学のミスキャンパスの表彰台でインタビューを受けてる彼女、客席からは「可受いー」とか「俺と付き合ってー」などとファンたちから声援が飛んでいるその声に照れながら右手を小刻みに振って答えるAちゃん。
その右手が俺のチンコを握っでいる。おお、チンコが硬度を増してきたぞ
「ところでAちゃん、授業は出てるの」「出てますよ」
「学校のみんなは、このパイト知ってるのかなっ」
「もちろん内緒ですよ」と、その瞬問、彼女の顔が少し赤らんだ、おお、可愛いと同時にヌルヌルのチンコを握る手に徴妙な変化が。ヤバい、早くもイキそうになってきた。しかし、まだ射精するわけにはいかない。時問はもう少し残ってるみたいだし。
「へえ、学校では真面目で通ってるんだっ」「そうでもないですよ」
「この子がオチンチンいっばい触ってるなんて、教授は知らないよね」
イタズラな言葉攻めを開始したが、その点は向こうの方か一枚上手だった。
「出そうでしたよ」
「うん、もう出そう」
「えー、ダメですよ、まだ時間いっばい残ってるし」
Aちゃん、こちらがイキそうだと分かった途端にイタズラっぽく笑い、口ーションにまみれた手の動きを一段と早<する。
「気持ちいいのっ」「ウン」「じゃ、私の顔見ながら出してくれるっ」「ウン」
さすがはハイクラス女子大生、緩急をつけた攻撃にもソツがない。もはゃ素直に従うしかない。
「あー、オチンチン張リ裂けそうになってきたよ」「あ、もう、出ます」
最後はチンコの様子を実況されながら、彼女の手の中にドクドクと放出したのだった。ミスキャンクラスの子の手を汚しまくり、その脳裏に力ッチカチのペニスを印象づけられる
ー万円越えでも納得のプライスだ。
関連記事