aqc054.jpg aqc055.jpg aqc056.jpg aqc057.jpg

ワクワクメールに姉妹が3P提案、どんな女がやってくる?
0126_20181201140753c83_20190805163914836.jpg0127_2018120114075465f_201908051639158bc.jpg

丼モノで何がいちばん好きかと問われれば、たいがいの人はカツ丼と答えることでしょう。木の葉丼なんて解答は絶無に違いありません。姉妹丼もまた、なかなか出てこない答ではありますが、それは誰も食べたことがないだけであり、一度でも味わえばトリコになること間違いなしと思われます。いつものワクワクメールに、とんでもないカキコミがあったのは4月の頭のことです。
『私達変態姉妹丼食べませんか?』 
22才と20才の姉妹が3Pしようと持ちかけているのです。自らを〝丼〞と呼称するあたりがややウソ臭くもありますが、ホ別5という破格の条件を提示し、アポに至りました。歌舞伎町のドンキ前にあらわれたのは、白コート&黒コートのコンビでした。どちらも実に可愛らしく、共にキャバクラでも通用しそうです。ただこれが似ているかとなると、「似てない」と言わざるをえません。歩きながら探りを入れてみましょう。
「二人って姉妹なんだよね?」
「うん、私が姉でこっちが妹」
白コートが笑顔で答え、黒はうつむいています。
「いつも2人でワリキリしてるの?」
「うん、ときどき」「仲良しなんだね」「まあね」
「互いのエッチとか見るの恥ずかしくない?」
「そんなこともないよ」白だけがハキハキと返事しますが、黒はあいかわらず下を向いたままです。お姉さんが活発だと、妹は内向的になるものなのかもしれません。「でも本当に姉妹なの?」「そう見えない?」「うーん、見えなくもないけど」
「よく言われるけどホントだよ」
「じゃあ質問してもいい? 2人ともせーので答えてね」「なにそれ〜」
「実家の最寄り駅は? せーのっ!」
「(同時に)新大久保!」
見事に揃いました。ホンモノなのでしょうか。いや、これぐらいは打ち合わせしていた可能性もあります。
「じゃあ、お母さんの得意料理は?せーのっ!」
白「オムライス!」
黒「ハンバーグ!」
似通った種類の洋食だけに、このズレをもってニセ姉妹とは言い切れません。
「じゃあ、お父さんの名前は? せーのっ!」
「なんでそんなこと言わなきゃいけないの。カンジ悪くない?」
肝心な質問をうっちゃられてしまいました。これを設問1にすべきだったようです。ホンモノ姉妹との確証を得られぬ以上、5万は払いすぎとの結論に達した私は、そそくさと逃げ去ったのですが、やはりあそこは食しておいたほうが良かったのでしょうか。

ワクワクメールに『赤の似合う年齢』どんな女がやってくる?
0126_20181125114412a18_2019080516405739b.jpg
ワクワクメールに、奇妙なカキコミがありました。『赤の似合う年齢』これは相当の自信家と見ていいでしょう。赤の似合う女なんて峰不二子ちゃんぐらいのものです。さほどに色っぽい女性がやってくるのでしょうか。と、軽くすっとぼけてみましたが、本文に『六十歳経験ありますか?』とあるので、おそらくや赤うんぬんはアレの意味かと思われます。一応アポってみましょう。
ホ別イチゴーを提示したところ、待ち合わせに指定されたのは、ラブいホ密集地、鶯谷の北口でした。〈左手の奥の細道で待ってます〉奥の細道。こんなオツな単語がすらっと出てくるなんて、俳句でもたしなんでらっしゃるのでしょうか。さすが60才です。奥の細道のラブホ前では、派手な柄コートを着たおばちゃんが手招きしていました。似合うはずの赤は着ていません。
「あら、若いのね」「ええ。赤い服は着てないんですね」
「やだー、あれは還暦って意味よ」推理どおりでした。そんなしょうもない隠語、使わなくてもいいんですけど。さてこうして対面してみたはいいものの、「おーまーえーは、アーホーかー♪」とノコギリを叩いてる人のような顔の、あるいは関東芸人で言えばケーシー高峰のような顔の、この還暦おばちゃんを抱く気にはとてもなれません。逃げるチャンスを待ちましょう。ATMに向かうフリをしながら、なぜ彼女が売春なんぞしているのか問うてみました。
「ワタシね、マッサージしてあげるのが趣味なの」「はぁ」
「でもマッサージしてると男の人ならもよおしちゃうでしょ?」「はぁ」
「だからついでにエッチしてお小遣いもらおうかなって」
エンコーの理由になっているのかいないのかよくわかりませんが、いずれにせよこの人をイチゴーで買った男が過去にいることは確かなようです。ATMから出てきて「お金がなかった」と告げると、彼女は「あら、そう」とつぶやき、どこかへ去っていきました。今にして思えば、真っ赤な口紅が印象的な女性でした。
ワクワクメール攻略法
援交女に荒らされている『アダルト掲示板』は避け、『ピュア掲示板』へ入ると、さらにカテゴリーが5つに細分化している。その一つ 『いまから遊ぽ』は、その名の通り、いまから会える人を探すための場所だ。漁場はここだ。
経験上、女連中の書き込みに片っ端からメールを送っても返事が来た試しはない。
ここは自分から書き込む待ぢ作戦が正解だ。とはいえひと筋縄ではいかない。投稿者一覧ページにタイトルがずらっと並ぶ。手法は、手相に詳しいフリをした待ち作戦です。
実はアダルト系女子もちょいちょい食ってまして。割り切りオンリーなイメージの強いアダルト系でも、僕が実践している「肉食男子をアピールした待ち作戦」を使えば、タダマンからセフレ化へのゴールデンコースは十分可能です。
ブサメンを自覚してる人は、割れた腹筋や、スジの浮き出た手の甲(手をボールを握る形にすればスジが出る)の画像を用意しましょう。女性とは、男性のこういう部分にセクシーさを感じるものなのです。
仕事をがんばり、休日も趣味で楽しんでる、リア充ぶりをアピール。趣味や特技には料理、マッサージなど、女子にメリットのあるものをチョイスするのが定石ですが、もちろんウソで構いません。
個人プロフィール画面には『伝言板』が設けられている。60文字までなら無料で書き込めるスペースだ。ピュア掲示板の『友達/恋人候補』や『まずはメル友から』で募集している女性に対してここからアプローチしていくのがオレのやり方だ。〈カワイイね、よかったら絡もうよ〉みたいなしょうもない文面ではさすがに返信は期待できない。ただでさえ彼女らには男から1日に数十通のメールが届くわけで、大勢に埋もれてしまうだけだ。
ポイントは2つ。短い文章の中でさりげなく余裕のある男と匂わせ、かつラインのIDを沿えることだ。たとえば以下のように。あとは適当に話を作るだけだ。オレの場合はあまりイメージがわかないであろう小さな製紙会社の社長ってことにしている。
これを定期的に、かたっぱしから女の伝言板に載せていけば、ぱらぱらとだけど、ラインに直接返事がくる。つまり費用は完全タダ。我ながらいい作戦だと思う。
関連記事