0186_2019082219542718d.jpg0187_20190822195428ef7.jpg0188_201908221954296c1.jpg0189_20190822195431692.jpg
口内発射を嫌う女に無理強いは逆効果だ
そんなに拒否されると俺の体液が汚いって思われてるみたいで悲しいな…
女は情に訴えられると途端に優しくなる生き物なのだ
やがてセックス後のお掃除フェラまでこなすナメナメ娘に生まれ変わります
女のフェラ技術を上げる一番の近道は、おしゃぶり好きにさせるに限る。「好きこそモノの上手なれ」という言葉もあるように、人間とは自分の好きなことになら苦労を苦労と思わず、ひたすら研究に没頭するものだ。
では、どうやってその流れに持っていくかというと、日ごろから女のフェラを誉めまくってやれば
いい。他人に絶賛された自分の技術に誇りを感じ、愛着を抱いてしまうのもまた、人間の根源的な習性だ。とはいえ単に「フラ上手いね」「気持ちいいよ」と誉めるだけでは全然もの足りない。その
くらいのお世辞など過去の男たちから散々言われてきたはずなので、いまさら心に刺さらないのだ。
 フェラが始まったらまず「ああ、ああ」とやや大げさに喘ぎ声を出し続け、一区切りついたところで、呆然とした表情で女を見つめる。そして、ちょっと信じられないといった仕草で首を左右に振りながら、こうつぶやくのだ。
「何コレ? 気持ち良すぎで白目むいちゃったよ。今までフェラは好きでも嫌いでもなかったけど、●●ちゃんのおかげでドハマリしそう」
 その後も2、3回、フェラされるたびに悶えまくり、ドハマリした様子を見せつけてやれば、もうこちらのもの。自信をつけた女はさらに技術を向上させるべく、ひとりでに走り出す。
関連記事