0170_2019100319034985e.jpg0171_20191003190351f3e.jpg0172_20191003190352504.jpg0173_20191003190354003.jpg0174_20191003190355e0e.jpg0175_201910031903574a3.jpg0176_20191003190358149.jpg
ディズニーか水族館デートをしようと約束した佐智子ちゃんに、デートのお誘いメールを送ったところ、すぐに前向きな返信が届いた。今月は、彼女とのその後のお話を紹介します。佐智子さんとのデート当日。
待ち合わせた週末の東京駅は、遠出する人と地方からやってきた人でごったがえしていた。10分ほど遅れて佐智子ちゃんが登場だ。
「ごめんなさぁ〜い、迷っちゃいましたー!」
うんうん、いい匂いがする。遅れてもいいんだよ。今日はそのボリュームのあるおっぱいを揉むために、すべてのことを受け入れるからね!
あらためて2人で電車を乗り継いで、葛西臨海公園駅へ向かう。さて、今のうちに今日の大まかなプランを考えてみよう。
1、水族館で手をつなぐ。うまくいけばキスも。
2、昼ごはんでお酒を飲ませる。
3、その後、行ければラブホ。
無理ならカラオケでイチャコキからイケるところまで。
こんなところか。まぁ、そのときそのときで、柔軟な対応が必要になるだろう。
前回、彼女の話を聞いた感じでは、Mっぽいしエッチにそんなには抵抗はなさそうだけど、ドキドキやトキメキ感みたいなものを求めていそうだった。
今回はのっけからあまりエロは出さず、こちらの真剣さをちゃんとアピールできればチャンスが生まれるはず。そうこうしてるうちに水族館に到着。チケットを買って入場だ。館内は団体でかなり賑わっていた。
「あ〜! みのやさん、凄いですよあの魚、変な形ですねー!」
久しぶりの水族館にテンションも上がっているようだ。
「佐智子ちゃん、魚好きなんだね!」
「魚は見るのも食べるのも好きです、ほらあのカニ美味しそう!」
やっぱりこういうデートも大事なんだな。普段は酒を飲ませて口説くばかりだけど、明らかにテンションが違うもんな。小さな魚を見るとき自然に近づいて密着できるし、暗いから2人だけの世界に入れるし。いいなぁ水族館、これからも使えそう。
「みのやさん、マグロって寝るんですかね?」
「さぁどうだろう? たぶん泳ぎながら脳を休ましたりしてるんじゃない?」
よくわからないけど…。
「ふ〜ん、イカのあの光、なんですか〜?」
佐智子ちゃん、俺はさかなクンじゃないんだよ。でも楽しんでるようで良かった。さあ、そろそろ手でもつないでおきたい…。
「佐智子ちゃん、あのでかい魚、見にいこうよ!」
と言いながら彼女の手を引っ張ってみた。
「あ〜ピラルクですね〜、私これ好きです」
おお、全然嫌がられもせず握りっぱなし!水族館というものはこんなに自然に手をつなげる場所なのか! がっちり手をつなぎながらピラルクを見る男女2人。はた目からはまさにカップルだ。いい感じ。
「じゃあさ、もう一度、深海魚のところに行こーよ!」
深海魚コーナーは数段暗くて、密着するにはベストな環境なのだ。
変な形の深海魚を観ながら、体を近づけていく。握った手をいったん外し、腰に回してみた。ここらへんでムリな子は嫌がるものだけど…。佐智子ちゃん、ぜんぜん嫌がってなーーい!!
いいね、いいね!今日は触り放題かな?
「なんかこの魚、変な泳ぎ方だね」
腰をまさぐられながら、ごく普通のテンションでつぶやく佐智子ちゃん。たぶん、彼女の意識の半分は、腰にまわった俺の手に向いてるはず。よしよし、着実にゴールに近づいている気がする。
「ほら、あの魚もすごい形してるし」
 ろくに返事もせず、暗がりで
腰からでん部を触りまくる俺。
早くも勃起してきた。
もうこのまま薄暗いラブホテルの部屋でお互い舐め合いたいな〜、などと思っていると、うるさい団体の子供たちがなだれ込んできた。くそ、いませっかくキスしようとしてたのに。
さてと、次のプランは『昼からお酒を飲ませる』だったな。
「佐智子ちゃんお腹は?」
「そうですね、少し減ってますね」
「何食べたい? 何でもいいよ」
「う〜ん、魚は避けてお肉がいいかな…。みのやさん、決めてください」
「じゃあジンギスカンなんてどう?」
「はい、いいですね!」
ということでジンギスカン屋へ。ここでたっぷり精力をつけて、貪るようにセックスしたいものだ。
ジンギスカン屋に入り、生ビールで乾杯。さっそく前回の話の続きを突っ込んでみることにした。
「佐智子ちゃんさ、これまでの彼氏が結構スケベだったって言ってたよね、こないだ?」
たしか今までの男の中に、変態っぽいやつと、言葉責めの上手い奴がいた、という情報は確認済みだ。
「えっ? そうでしたっけ?」
「また〜、しらばっくれて!」
「まぁ、多少ですよ…」
「たとえばどんな風に変態だったりしたの?」
「え〜、それは言えないですよ〜。おもちゃ使ったりとか…」
「ふ〜ん…」
 言ってるし。でも今時おもちゃくらいで変態とは言わないよな。まだ隠してるな。
「もっと聞きたいな〜。ほかには?」
「え〜? …う〜ん、まぁ、外でやったりとか…」
 おお。今度はかなり言いにくそうだった。アオカンかぁ。
「それはなかなかエッチだね」
 俺も変態色は強い方だと思っているが、野外は落ち着かなくてあんまりソソらないんだよなぁ。
「結構外でするカップルとかもいるけどさ、気持ち良いの?」
「え〜、知らないですよ〜!!でも、見られるかもっていうスリルがいいのかも…」
 なんだよ、まんざらでもなさそうんじゃん。まぁ、彼女の場合はMっ気が強そうだし、彼氏に求められると断りきれないのかもな。さあ、俺の誘いはどうかな? これからどうやってホテルに誘おうか? 
でもこの前飲みに行ったときに、ホテルに誘ってる訳だから、佐智子ちゃんもある程度は覚悟してきているはず。
「ねぇ、今日はホテルいいの?」
「え〜、う〜ん、でもまだ付き合ってないし…」
 う〜ん、まだ渋るか〜。なんかちょっとめんどくさくなってきたなぁ。もうこうなれば実力行使でいくしかない。彼女はMっ子なのだ。たぶん大丈夫。
「まぁ、もう一軒飲みに行ってもいいし、とりあえずこの店出ようか」
店を出て、エレベータの前でちょっと強引に抱き寄せ、キスをした。歯の隙間から無理やり舌を入れ、激しめに吸い付く。最初は抵抗していた佐智子ちゃんだが、舌を入れたら急に力が緩んだ。そのあとはもう無抵抗になって、向こうから吸い付いてきた。これで勝負あり。
「ホテルでいいよね?」
「うん…!」
やっぱり、時には強引さって大事なんだなぁってつくづく思う。お互い軽くシャワーで汗を流し、いざベットで抱き合う。最初は軽いキスから始め、大きめのおっぱいを揉みしだき、激しく吸い付く。なんで男ってここまでおっぱいを求めるのだろう…。そんなことはどうでもいい。喘ぎ声をこらえて感じている佐智子ちゃんを見ると、さらに勃起度が増していく。ホテルだから声を出してもいいのに、指を噛んで声が出ないようにしているのは、野外セックスの癖なのか? 指マンに体をクネらせながら「んぐぐ…」と悶える感じ、たまりません。
 しかも、何も言わなくても軽い手コキをしてくれる。キッチリ仕込まれた女って感じでいいです。
 さぁ、次はおしゃぶりテクニックを見せておくれ。佐智子ちゃんの頭を股間の方に誘導。すぐに察知した彼女が無言でフェラを始める。
 ジュポッ…、ズズズ、ジュポッ…。うん、このフェラがまたなかなかにエロい。舌使いが上手いのもあるけど、舐めながら俺の顔をずっと見てくるところがたまらなくMっぽくていい。
 よしそろそろ挿れてやるか。ズブブブ…。
「うあああああ! 気持ちいいい」
「どこが気持ちいいの?」
「なか、ナカがいいです」
「やっぱりすごい淫乱じゃん」
「あんああん…、ごめんなさい」
「淫乱でごめんなさいって謝って」
「ああん、ああ、淫乱でごめんなさい!」
「こんなに感じやすくて恥ずかしくないの」
「恥ずかしい…。あん、ああん、ごめんなさい、ああっ、ごめんなさい」
 この子、澄ました顔で店員さんをやってたのに、どうですか、このドMっぷり。あらためて手紙の威力を感じますね。続いてバックでガンガン突いて、泣きそうな喘ぎ声を堪能して、騎乗位に。これが良かった。乳首をキツくつまんで、その引っ張り具合に合わせ腰の上げ下げさせることを教えると、その後ずっと教えたとおりに奉仕し続けてくれるのだ。実に奴隷気質。
そこから長い時間、みっちり奉仕させて、最後は手コキさせながらおっぱいに射精してやった。
いや~~、こんなに自分勝手なセックスを楽しんだのは久し振りだ。できればセフレとして数カ月くらい楽しみたい。それにしても過去の彼氏たち、よくぞこんなにやらしい女の子に仕上げてくれました。感謝です。ご馳走さまでした!
関連記事