0079_201910080704519ae.jpg0080_201910080704527a4.jpg0081_20191008070453d45.jpg0082_20191008070455f27.jpg0083_201910080704569cf.jpg0084_20191008070458946.jpg0085_20191008070459973.jpg0086_20191008070501364.jpg0087_201910080705025c5.jpg
「そういえば、次の号に『裏モノナイト』を収録したDVDがオマケで付くんよ。町田のコーナーもしっかり入っとるで」「あー、そうでしたね。ボクのコーナーといえば『童貞でもできるハメ撮り講座』ですね」
「そうや。援交のカリスマが教えるハメ撮り講座。もしDVDの評判が良かったら、また夏あたりに裏モノナイト開催するで。そうなったら町田もまた出てくれや。なんと言っても、町田は裏モノが生み出したカルトスターやからな! 援交の鬼や!」
 編集長は地声が大きいので、今日も「援交」という言葉がルノアール中に響きわたっています。本当にやめてほしい。
「まぁ、そんなワケやけど……全然、テーマのネタが出てけぇへんな……」
 雑談をし続けて、40〜50分は経っております。この連載も10年以上やってますもんね。ネタ切れにもなりますよ。
「そうやなぁ……。例えば、チンコの毛を全部剃ってツルツルにしたら女がメッチャ舐めてくれる、とかないんかなぁ?」
「なんですか? それ?」
「ツルツルのチンコって、女からしたら、なんか舐めたなるんとちゃう? 『チンコの毛を剃ったら、めっちゃ舐めてくれんのか?』とかにするか?」
「ものすごく雑なテーマですね! そんなの『まぁまぁ舐めてくれた』で終わりですよ。ページ数ももたないし、そもそも剃るのもイヤです」
「そうかぁー……」
再び、宙を見つめるボクたち。ぽかぽかとあたたかい陽気。そのままウトウトと寝てしまいそうです。
「そうやなぁ……。じゃあ、地方とかに行って、援交をしてみるっちゅうのはどうや?」
お! なんかまともなテーマ案が出ましたよ。いいじゃないですか。大阪とか名古屋の援交事情を調べながら、その土地の女と名物料理を喰らう。悪くないですよ!
「そうかそうか。それで決定やな! で、町田は大阪とか名古屋に行く予定はないんか?」
「いや、ないですよ?」
「アカンやん。大阪や名古屋に行かせる予算は無いわ! じゃあ、千葉とかにしようや。電車賃も安いやろ?」
「千葉?? ボクの地元じゃないですか! しかも電車で1時間以内で行けますけど?」
「むしろ好都合やないか。宿泊なんかせんと、日帰りできるし。金もかからんわけやから。メシは好きなもん食べてええから! 千葉の援交事情を調べて来たらええんや! 『町田の地方援交シリーズ第1弾・千葉県』やで!」
地方シリーズを銘打ったわりに千葉って、近すぎじゃありませんか? それに千葉なら東京とそんなに変わらないでしょ。はぁ〜、地方で美味しいモノを食べられると思ったのになぁ……。
某日。ぽかぽかとあたたかい陽気。黄色い総武線に乗って千葉に向っております。今回のテーマは千葉の援交事情を調べること。とは言っても、いつもボクは出会い系アプリでエンコー娘を探しているわけで、やることは基本変わりません。電車の中で、いつものように厳選の出会い系アプリに援交募集のコピペを書き込んでおります。いつもは「場所」を「東京都」にしていますが、
今回は「千葉県」。さらに「千葉駅周辺で会える人!」と書き込みます。
 そんなこんなしながら、電車に乗って1時間弱。千葉に到着いたしました。千葉駅に来るのは数年ぶり。ずっと工事中だった千葉駅ですが、なんかいつの間にか工事が進んで、ものすごく今風の駅になっております。
「お〜! 久しぶりだな!」
 到着したボクを待っていたのは、中学時代からの同級生・T君。彼も援交やら風俗やらが大好きなハメンズです。千葉を出てから20年近く経っているボクひとりだと不安なので、コーディネーターとして呼び出したのです。「じゃあ、とりあえずメシにしようぜ! 当然オゴってくれるんだろうな!」
時間は13時。ちょうど昼メシ時です。ニヤニヤ顔のT君とともに、駅近くの焼肉屋に入ります。とりあえずビールを飲みつつ、焼肉ランチで腹ごしらえです。つか、千葉の焼肉、高いな、おい。
「で、どうなんだよ? 千葉の援交事情は」
「そうだなぁ。正直、俺も援交からは離れててさ。ここ数年、ヤッてないんだよね。でも出会い系アプリならガンガン引っかかるんじゃないの?」
「うーん……。一応、昨日の夜から100件以上はメッセージを送ってるんだけど、返信が全然ないんだよなー。つかお前、援交やってないのかよ! コーディネーターとして、どうなんだよそれ」
 悪びれもせず、焼肉を美味そうに食べるT君。さらにグイッとビールを流し込む。
「まぁ、アプリに引っかかるまで、千葉の出会い系スポットに行ってみようぜ」
 援交スポット? そんなのあるの?
「まぁ、とは言っても出会い喫茶だけどな。千葉駅周辺に1軒だけ『S』っていう店があるんだよ。そこに行ってみようぜ!」
「そこは、女けっこういるの?」
「うーん。よくわかんないんだよな。オレも行ったことないから」
 ……マジか。とりあえず、女がいるかどうか電話で聞いてみるとしましょう。
「はい、『S』です〜」
 なんか若い女の店員が出ましたよ? すいません。今って、女性客、男性客の状況ってどんな感じですか?
「あ〜、今、男性女性ともに出入りが激しい状況になっていますね〜」
「そうなんですね。女性は何人くらいですか?」
「ん〜、今、出たり入ったりしてる状況なので、正確な数字は答えられないんですよ〜」
「正確じゃなくてもいいですよ。2〜3人なのか、10人近いのか、とか」
「本当に、出たり入ったりなんですよー。でも、そう言う状況なので、かなりアツい感じではありますねー」
 かなり怪しい! 全然具体的な人数を言いません。どうなんだこれ?
「そういう状況です。ぜひおこし下さい。お待ちしております〜」
 うーん……これは正直、どういう状況なのでしょう? でも、焼肉屋でダラダラしながらアプリの返事を待っていてもしょうがないので、とりあえず『S』に向かってみることに。頼むぞ!女店員の言うように、アツい状況であってくれ!
15時。焼肉屋から徒歩10分。千葉の風俗街・栄町近くにある『S』の前までやってきました。すんごいボロいビルの5Fにあるようです。
「このビル、すんげぇボレェ〜。おい町田。こんなところに出会いを求めた援交女なんて、本当にいるんかよ?」と、薄ら笑いのT君。ウソでしょ!? ここを紹介したのお前だよね? なんでボクが悪いみたいになってんの?
まぁ、見た目は本当にボロいですが、中に入ったら、10代の美少女たちがマジックミラーで仕切られた部屋の中にギュウギュウ詰めになってるかもしれません。祈りながらエレベータに乗り込みます。
 チーン。と、5Fへの到着音。扉が開くと、そこはすぐに店になっていました。20代半ばのギャルっぽい店員が受付に立っています。
「いらっしゃいませ〜。会員の方ですか?」
「いえ、ふたりともはじめてです」
「ありがとうございます。では、お値段とシステムを説明させていただきます」
 そう言って、カウンターに置いてある説明書きを指差すギャル店員。
「入会金は一律5千円です。ただし一度お支払いいただければ、永久会員となりますので、次回以降はかかりません。で、コースですが、スタンダードなコース(時間無制限、成立料一回分無料、トークルーム使用回数無制限)は5千円となりますね」
 ……ってことは、つまり最低でも1万円かかるってこと? 高いよ! 新宿の出会い喫茶なら、入会金とコース料金合わせても5千円くらい。もっと安く入れるところもあるってのに!なんでこんな強気な値段設定なの? 千葉に一軒しかないから?それとも、そのくらいの金を払ってもいいくらいの価値のある女がギュウギュウ詰めなの??
「ちなみに、今、男性女性、何人くらいずついるの?」
「あ〜、一応、入っていただいて確認してもらってるんですよ。会員さま以外には、人数とかも教えられない規則で……」
 マジか。っていうか、1万円という値段に完全に尻込みしてるんですけど。T君を見ると、
「まぁ、しょうがねぇんじゃね?」
という表情です。うーん、まぁ、しょうがないか。
「わかりました。じゃあ、1万円ですね」
「はーい。ありがとうございます!」
「ちなみに、今は何人なんですか?」
 会員になる、という言葉に安心したのか、ギャル店員が正直に話しはじめました。
「あ〜、今、すぐにご案内できる、という状況ではないんですよ。本当にさきほど、5人〜7人のカップルが成立して出ていかれた感じなので。男性は5人、女性は今、0人なんですね。でも、すぐに女性も来店すると思いますので、中でお待ちいただければ……」
出たよ!!あっぶねー! 1万円取られて魚のいない水槽を眺めるところだった! つか、このギャル店員、クソだなー。
「あ〜〜、そうなんですね。じゃあ、ちょっとお茶とかしてきますよ。また女性が来るくらいに来ますから」
「あ、でも、中に入ってお待ちいただいてもいいですよ。イスもありますし、ドリンクも注文できますよ。女性が来たら早い者勝ちですので、中にいていただくほうが有利ですね、はい」
 逃がすまいと、早口で引き止めてきます。
「でも、喫茶店とかならソファーとかあってゆったりできるから。さすがにソファーはないでしょ? 中は、ちょっと高めのハイチェアーとかですよね?」
「まぁ、そうですけど……」
「じゃあ、また来ます」
仏頂面になったギャル店員。さっさと店から脱出しました。ふぃー、危なかったー!っていうか、千葉の出会いカフェ、ヤバいじゃん! 悪い意味で。ビルから出たはいいんですが、これからどうしましょう。喫茶店に入って、またアプリに書き込むべきでしょうか?
「おい町田! ちょっと見てみろよ!」
 T君の声。振り向くと、『S』の入っているビルの奥のビルを指差しています。お、コレは!テレクラ『Rンリンハウス』の看板です! やっぱり千葉にもあるんだな〜。
「1時間1900円って書いてある。とりあえず、ここで1時間アポを待ってみようぜ。もしアポれなかったら、また『S』に戻って、状況を聞くのはどうだよ?」
 たしかに、千葉の援交事情を知るにはテレクラはもってこいかもしれません。それに個室に入れば、リクライニングチェアとかに座って、のんびりできる。よし、行ってみよう!
階段を下りて、地下にある店舗に入る。「いっらしいゃいませ〜!」と気さくな感じの店員が迎えてくれます。
「今、鳴りはどうですか?」
「ん〜〜、そこまで、ですかね」
「あ、そうなんですね。男性のお客さんは何人くらいいます?」
「7人ですね。何歳くらいの女性とお話ししたいですか?」
「そうですね。10代、20代とかですかね」
「いやー、それだと無理ですね。ここは40代、50代とかになっちゃうんで!」
 ええーー!!何それ?? ここ、熟女専門のRンリンハウスなの???
「いや、ほぼそのくらいの年齢層をターゲットにしてる雑誌媒体に宣伝を入れているんですよ。だから、40代、50代の人しか電話来ませんね!(キッパリ)」
 なにこの人、正直すぎるだろう! っていうか、ここまで正直に言ってるんだから、絶対に20代からは電話来ないんだろうな。
「20代とか30代とかをお望みでしたら、店舗ではなくて、3千円のカードを買っていただいたほうがいいですね! それだったら、20代が来る可能性は無くはないですよ。カードを買って、ご自分のケータイでかけていただく感じで。そうすれば、部屋に入る必要も無く、どこからでもかけられますから」
「ちなみに、そのカードを買って部屋の中でかけるっていうのはダメなんですか?」
「大丈夫ですよ! その場合、カードと部屋代が込みで、1時間4400円になります」
 いきなり高くなった! ……っていうか、カードを使えば、確実に20代の女子からかかってくるんですよね?
「いやー、どうですかね?(笑)絶対にかかってこないとは言えないですけど、まぁ……わかんないですね。30代からは、まぁまぁかかってくるみたいですよ」
 この人、どこまで正直なのでしょう。すごく気さくで良い人だけど、会社からするとダメな人なんだろうなー。 
さすがにここまでネガティブなこと言われて、5千円弱を払う勇気はないなー。とりあえず気さくな店員にお礼を言って店を出ました。ふぃーーー。地上に上がり、空を見上げる。さっきまで青かった空に大きな灰色の雲が広がっていた。
 ……っていうか、千葉、終わってるよね。コレ。
「あ、生ビールおかわりくださいー」
 千葉駅前の居酒屋で、刺身を食べながらビールを飲むボクとT君。テレクラから出て、とりあえず喫茶店に入ろうとしたのですが、どの店も混んでいたので、昼間から居酒屋に入ったのです。そこから出会い系アプリに、さらに100件ほど書き込んだりしながら、ただただ酒量が増えております。
 ……これ、マジでやばいかもしんない。一応、編集長にラインを入れてみる。
「すいません、千葉に来ていますが、千葉、終わっています」
 すると、数分も経たずに返事が返ってきました。どれどれ……。
「アカンかったら、チン毛剃れ!」
 なにこれ! こないだの打ち合わせのときに出た雑なテーマをやれってこと?? こんな絶望なメッセージ、受け取りたくなかった! 赤紙か!!
 気がつけば、夜の19時。いよいよダメかもしれん。このまま援交できずに、チンコの毛をきれいに剃って、デリヘルを呼ぶしかないのでしょうか。
「おい町田! あきらめんじゃねぇよ! お前、援交のカリスマなんだろ?」
 頬がちょっと赤くなったT君が、ちょっとトロンとした目で言う。
「たしかに千葉という街は、援交的には終わってる街かもしれない。でもよ、おまえはカリスマだろ! 千葉出身のお前が、カリスマになって千葉に戻ってきたんだ。この千葉で〝カリスマの援交〞ってヤツをオレに見せてくれよ! あきらめんなよ! お前は千葉の……、オレたちの代表なんだからよ!」
 ウン。こうやってあらためて文字にすると、T君はあのとき酔っていたのだ、とハッキリわかるのだけれど、このときのボクは何故か心にアツいモノを感じてしまったのでした。
「よし! もう一度、出会いカフェ『S』に行こう! 女がいるかもしれない!」
 そう言って、ほろ酔いのボクたちふたりは、居酒屋を出て『S』に向かいました。エレベータを上がりながら神に祈る。どうぞ女たちよ居てくれ!!
 チンッと、エレベーターの扉が開き、先程のギャル店員と目が合う。すいません、今は、どんな感じですか?
「今、女性客いらっしゃいますよ」
 来た! とうとう来た! さっそく1万円を払い、男性待機ルームに入ります。すると、4人の女子が、マジックミラーに仕切られた部屋の中で、漫画を読んだりスマホを眺めたりしています!
 カベに張られた女子のエントリーシートを見てみる。「A子・25歳・食事とかいかがですか?」
「B美・29歳・いろいろお話ししたいです」などと希望や年齢などが書かれています。残りの2人は37歳と42歳。しかし4人とも見た目年齢は書かれている年齢よりも上に見えます。……
正直、女子が4人、いるにはいますが、しょっぱい状況です。しかも男性客は9人、うーーん……。
「けっこうキツいな」
 T君が耳打ちしてくる。たしかにキツい。でも、突破口はここしかありません。とりあえずツーショットトークをしてみましょう。選択肢はA子かB美の二択! ままよ!
 A子のエントリーシートをカベから剥がし、男性の待機ルームから出て、受付に渡す。
「はい。では、トークルームに移動してお待ち下さい!」
 ギャル店員に促され、トークルームに入って驚きました。そこは、6畳ほどの部屋で、それぞれの角にハイチェアーが2組ずつ置かれているのです。
 ……え? 普通トークルームって、カーテンとかで仕切りが付いていて、他の客と話しているのが見えないようになってたりしない? これじゃあ、他の客とかに話の内容が聞かれちゃうじゃん! なにこれ!
 しかもカベには「ここで連絡先の交換などしないでください。また、性的な交渉などは禁止です。もし相手が話してきた場合は、店員に教えて下さい」と貼り紙が!……待て待て。千葉の援交シーンがしょっぱいとはいえ、ここまでとは思いませんでした。まぁ、「援交交渉禁止」と書かれてはいても、マジで本当に禁止ってわけじゃないでしょうが。
「こんにちは〜」
 ギャル店員と一緒にA子ちゃんがやってきました。店員がウォッチを女の子に渡し、「それでは10分間スタートです」と言って部屋から出て行きました。よ〜し、援交交渉開始です! 
A子ちゃん、マジックミラーごしに見ていたよりは、ちょっとマシですが、普通レベルの女芸人みたいな顔をしています。
「こんにちは。A子ちゃんは、この店にはよく来るの?」
「全然ですね。月に2回くらいです」
 月2なら、まぁまぁ来てるじゃん。ちなみに、いつも来るときはどんな感じなのかしら。
「どんな感じって……一緒にお食事したり、カラオケに行ったりって感じですかね」
「なるほど。ちなみになんだけど、ちょっとお金ももらって、ソッチ系とかもしたりはするの?」
「ソッチ系って、エッチなことですよね?」
「んー、まぁ、そうね」
 そう言うと、苦笑しながら顔の前で両方の人さし指を×にした。
「あ〜、そういうのはダメなんですよ。この店、そういう店じゃないので。そういうことを言っちゃうと、店員さんに報告しなくちゃいけなくなるので〜」
 えええええーーーー!!何それ! 何コイツ! 完全な店の回し者じゃん! 結局3分も話さないうちに解散し、続けざま29歳のBちゃんとトークします。
「あ〜、そういうのは、ここの店ではNGなんですよね〜。そういうことをいう人は、店員さんに(以下略)」
 マジかよーーー!!!同じ返答じゃないか! こいつら全員、店の回し者じゃねぇの?? 本当に千葉、終わってんじゃん!もうヤだ! 千葉最悪!!修羅の国か!その後、数人の女客が新たにやってきましたが、ほとんどが30歳オーバーか、実際話しても
「この店は、そういうのじゃなくて……」と、テンプレのセリフを繰り返すだけ。はぁ〜〜。もう無理ですよ。このままコンビニでヒゲ剃りを買って、チンコの毛をそり落とすしか道はないのですよ……。
ガックリと肩を落としていると、今まで完全な地蔵(女の子とは話さず、ただ一カ所に座って眺めている客のこと)を決め込んでいたT君がスックと立ち上がりました。
「オレ、あの24歳の女と話してくるわ」
 T君が言った「あの24歳の女」とは、数分前に2人組で入店した片割れでした。もうひとりの方は先程ボクが声をかけて「そういうのはする気がないので」とバッサリ断られました。一緒に来た友達同士なら、両方とも援交NGに決まっています。
「あの女も、一緒に入ってきた友達と同じで、絶対にセックスなんてできないぞ?」
「まぁ、そうかもしんないけどよ。トークルームは店員からも話を聞かれる可能性もあるから、わざと援交について話さない可能性もあるじゃん? 外にデートで出て交渉してみるよ。まぁ、〝飯ブタ〞(ご飯をオゴってもらうのが目的な女)かもしれねーが。……まぁ、探ってみるわ。お前の力になりてーんだ。カリスマのお前のよ!」
T君は、そう言うと、親指をグッと上げ、待機ルームから出て行きました。なにこれ? マンガで、仲間が死地に向かう友情シーンのようです。
T君が出て行ってから1分ほどすると、マジックミラー内の部屋にギャル店員が現れて、24歳の女子が部屋を出て行く。さらに数分後、T君は24歳と一緒に店を出て行きました。T君!頑張ってくれ!!
 ピィロリン♪T君を送り出して数秒後、電子音が鳴りました。スマホを見てみると……なんと本日、200通以上送ったにもかかわらず、一切返事が来なかった出会い系アプリから返信が! マジか!!!恐る恐るアプリを開いてみる。
「千葉駅ですかー。都内の方がいいんですがー」
 来たーーーーー!!!!プロフィールを見ると、22歳の未来ちゃんからです! 待ったよーーー! やっと引っかかってきたよ!
「ごめん、どこらへん住み?」
「本八幡ですね。一応、千葉ですけど、江戸川区とか葛飾区のほうが近いんですよね」
本八幡って、千葉県の援交事情といいながら、ほぼ東京です! マジかー。でもあくまでも千葉で会わなきゃ意味がないよ!
「値段はいくらですか?」
「2時間で、2を考えてる」
「足代も含めて、3はどうですか。それなら千葉駅まで行きます。30分くらいで着くと思います」
 ……22歳で3万円??? ナメすぎだろ! ホテル代別だと3万5千円を超えるぞ? もうちょっとディスカウントしなけりゃ!
「うーん、せめて2・5かな。どう?」
 ……返事が来ません。さっきまでポンポンと会話のキャッチボールができていたのに、いきなり返事が戻って来なくなり、5分経過。ヤバい! ここでこのコを逃がしたら、チン毛ツルピカハゲ丸くん決定です! ヒーッ!
「じゃあ、3でいいよ。すぐに来れる?」
「行けます!」
 うわー! すんげー早く戻って来た! このクソ女! ボクの故郷・千葉にはクソしかいないのか! でも、もうここで逃がすわけにはいきません。苦汁の選択ですがやむを得ない!
 ティロン。再び電子音。しかしこの音はラインです。誰からだろう?
 それはT君からでした。そこには3文字の単語が書かれていました。
「飯ブタ」
 それはそれは残酷なメッセージでした。
30分後。千葉駅前。合流したT君と待機中です。時計を見ると、10時30分。もうすぐ3万円の未来ちゃんがやってきます。
「あの飯ブタ、マジでムカついたわー。トークルームでは『ごはんだけじゃなくて、いろいろ話したいし〜』とか、思わせぶりなこと言ってたのに、飯を食べてる最中に援交の話をしたら、
『そういうのやってないんですよー。あの店、そういう店じゃないしー』だってよ! マジで千葉、終わってんよ!」
口から炎を出しながら怒り狂うT君。かける言葉が見つかりません。
「でも、3万円の22歳ってことは、相当自分に自信がないと、そんな値段設定してこないだろ? かなりカワイイんじゃねぇか?」
 ……どうだろう。たしかにかなり強気でした。最後の最後に、石原さとみレベルの美人が来る可能性もゼロではないはず。頼む! ボクの故郷よ! 一筋でいいから希望の光を見せてくれ!
 ピィロリン♪ 電子音! 未来ちゃんからです!
「待ち合わせ着きましたよ! ベージュのトレンチコートに、黒のブーツです」
 どこだ! T君と一緒に目を凝らします! どこだ! 石原さとみ!!!
 不意にT君が肩をポンと叩く。その顔に表情はありませんでした。
 駅前の大きな柱に寄りかかっている女。目は大きいものの、ほっぺにビッシリのニキビ。トレンチコートの上からでもわかるちょいデブっぷり。あーー……。石原さとみとの共通点は、両手両足がしっかりあることくらいでしょうか。目鼻口の数も同じかな。
「じゃあ、おつかれ。オレは帰るわ。頑張れよ……」
 そう言ってT君は去っていきました。
 重い身体を引きずりながら、未来ちゃんに近づき声をかける。
「あ、どうも! 町田さんですか?」
 目をバーンと開いてニコニコ顔。まぁ、3万円もらえると思えば、ニコニコもするわな。っていうか、近づいて見ると、さらにかわいくない。コートの下はニットのワンピースに黒のストッキング。服がなんとなくエロいのが唯一の救いでしょうか。千葉駅から栄町にあるホテルまで歩きます。
「仕事はナニしてるの?」
「ネイリストですね。あんまり給料、高くないんですよね」
「大学出て、ネイリストになったの?」
「ですね。大学卒業して、1年くらい働いたんですけど、うまくいかなくて。それから1年専門学校に行ってって感じです」
 え? 今、22歳だよね? 普通、大学出た年が22歳だから計算が合わなくない? あぁ、短大ってことかしら。ちなみに今、何歳なの?
「25歳ですけど?」
出たーーー!!ペレーーっと年齢詐称!なんだコイツ、25歳のブサイクの分際で3万円要求しての? なんなの? 勘違いにもほどがあるよ!
 ハラワタが煮えくり返りながらラブホに到着。3時間休憩で5800円。高いよ!
 ホテルに入り、キスをしようと身体を引き寄せる。すると、唾液いっぱいの舌をボクの口の中に押し込んできます。さすがに3万円の力はすごい! 都内に終電で帰るには、1時間半でプレイを終わらせなくてはなりません。風呂に入ってるヒマもないので、このままイキます!!
「……え、お風呂は……?」
 小さい声で言う未来ちゃん。もう一度ディープなキスをかまし、その言葉を塞ぎます。
「ん……んん〜ん……」
 イッチョ前にエロい声を出してやがります。ワンピースをたくし上げてストッキングを太ももまで下ろす。そのままパンツの横から指をズッポシ! うわー! ビッショビショ!
「キスしかしてないのに、ビッショビショなんだけど?」
「……やだぁ。濡れやすいの……」
 ブスのクセにエロい声を出します。なんかちょっとだけヤル気になってきました。ワンピースを上までたくし上げ、ブラをズラすと推定Dカップのオッパイ。……しかし、残念ながら、胸の周辺は汗疹みたいなブツブツがビッシリ! うわー……。
「肌、弱いの?」
「んー、ずっとアトピーなんだよね……」
よく見ると、黒いストッキングを下ろした太ももあたりにもブツブツが。ウソだろ……。コレで3万円? マジで詐欺だよ、コレ。
「じゃあ、そのままひざまづいて。チンポしゃぶってごらん?」
 そう言ってベルトをカチャカチャと外すと、素直にペタンと座る未来ちゃん。半勃起のティンコをしゃぶしゃぶと舐めはじめました。前後のピストンをしながら、口の中でしっかりと舌は動いています。思ったよりも上手い。
……とは言え、こんなことぐらいで3万円はもったいなさすぎます。せめて生ハメくらいはさせてもらわないと割に合いません。
「生でいれるからね?」
 さも当然のように言う。すると、じゅっぽんと音を立ててティンコを吐き出す。
「絶対に無理。今まで一回も生でしたことないし。彼氏とも絶対につけてたから。そういうこと言うなら、もう帰るけど」
くわーーーー!!!  なんだコイツ! 断るにも言い方ってもんがあるだろうが! マジで許さない! 援交のカリスマの力、見せてやる!
「わかった。ちゃんとつけるよ」
 そう言って、そのままベッドへ。枕元に置いてあるコンドームをティンコに装着します。そのまま部屋の明かりを暗くする。
「じゃあ、入れるよ。痛かったら言ってね」
 そう言ってティンコにハメたコンドームをぬるりと外し、左手に握り込みます。そのままティンコをムァンコに押しあて……イン!
「あっぁあああーー!」
 声が上がる。全然バレていません。キュウキュウに閉まるムァンコ! 今まで誰にも許していなかった生セックスが今、本人の知らないところで達成されています。気持ちイイ! ブスだけど!
「どう? 気持ちイイ?」
「……ん! ん!」
 首を小刻みに縦に振る。ヨガリ声も子犬が泣いてるようで、ちょっとだけカワイイ。ムァンコの一番奥まで突っ込む。子宮の入口がニュルニュルと亀頭の先を包み込むようです。名器!けっこうな名器ですよ、コレ!ブスでアトピーだけど! 
20分以上、ガンガンに腰を打ち続けます。あぁ、ヤバい! 
もう3回くらい射精しています。そう、俗に言う中出しというやつです。
 ね、千葉の田舎者の分際で、3万円なんて勘違いな値段を言ってくると、こういう目に合うんだよ? コレが東京の援交シーン! 子供ができたらちゃんと育ててね!
 そうこうするうちに、とうとう最大の快感がやってきました。半分くらい中で出しちゃってますが、残りの精液が次の波で全部でちゃう!
「最後、顔に出すからね?」
「えええ……無理…」
「じゃあ、口。飲まなくていいからさ。3万円なんだから、そのくらいいいでしょ?」
「……はい」
 よっしゃー! では残りの精液、イックぞ〜〜〜!グンッ!!!ティンコを思い切り奥に突き刺し、そのまま引き抜く。左手に握り込んでいたコンドームを右手で引っぱり、「パチン」という音を鳴らす。これで未来ちゃんは「今、ゴムを外した!」と思うわけです!
 ヒザで移動して、未来ちゃんの顔にティンコをセット、イックよ〜!
 未来ちゃんの開いた口に第一弾の精液が発射。舌に一筋の白。そしてティンコの角度を少し右
上に振り第二弾! 口からそれて左の小鼻のあたりに命中! 第三弾も目と鼻の間にビシャーー! 命中〜〜! イエ〜イ!
「あ〜〜、ゴメン。ズレちゃった〜(笑)」
そう言いながら、ティッシュで顔を拭いてあげました。こっそりムァンコを見たら、ダラダラと白い液が溢れていましたとさ。
関連記事