0087_201803111140447c2.jpg0088_2018031111404541c.jpg0089_201803111140474d2.jpg0085_20180311114041a7c.jpg0086_201803111140422a8.jpg工事用防音シート「トラスコ中山GBO2-18」は、よくヤクザなどの犯罪者が悪用している道具だ。住宅の一室に人間を監禁する際、2枚重ねにしたシートを窓や内壁に張り巡らせることで、声がほとんど外に漏れなくなるからである。被害者は男性ばかりとは限らないことを思えばゾッとする話だ。

ブログの写真から位置情報を探り出すストーカー

ブログやツイッターに載せられた写真から「画像×GoogleMap」などのフリーソフトを使って位置情報を割り出し、ストーキングする。この手口自体は以前からあるものだが、表示される位置情報の精度があまり高くない(自宅から数百メートル離れているなど)ことからあまり問題視されずにいた。しかしおおよその位置情報は判明するため、ターゲットの使う最寄り駅を割り出して待ち伏せする輩が増えている。ブログから推測される行動パターン、通勤通学の時間帯を狙って動くわけだ。スマホ標準のカメラはデフォルトで位置情報がオフになっているが、インスタグラム等、若者に人気のカメラアプリはたいていオンになっている。被害者は多い。

援交娘の実家を探り当てプレイ動画で親を脅す鬼畜

犯人たちの狙いは実家暮らしのワリキリ娘だ。まずは女性とプレイして、その様子を小型カメラで盗撮。さらに女の子たちと積極的に打ち解け、家族情報を入手する。そして親が世間体を気にする立場で、なおかつ金に余裕があるとわかれば、隙を見て女の子の鞄に小型GPS発信器を入れるのだ。発信器は小型で精度の高い、ドコモのペットフィットタグか、ソフトバンクのみまもりGPSのどちらかだ。どれもわずか数センチ程度の大きさだけに、鞄の下に入れられても、女の子はしばらく気づかない。実家の場所が特定できたら、盗撮したプレイ映像を自宅に送りつけ親を脅す。
「娘さんが援助交際していることは知ってますか? この映像を買い取っていただけるなら一切口外しません」恐るべしプロの手口だ。

変態露出オンナの皆さん、身元バレしないようご注意を

「露出狂の隠れ家」などのネット掲示板には、性欲旺盛な女性たちの書き込みがずらっと並んでいる。「埼京線でしてくれる人いませんか?」とか「上野公園で露出するんで覗いて下さい」とか。要は変態プレイの参加者募集だ。言わずもがな、彼女ら本人は身元を伏せており、匿名での集いが前提になっている。が、いざ現場にやってくる参加者男の中には、プレイが終わったあと、彼女たちを尾行し、身元を割り出そうとする連中も少なくない。通称〝後追い〟と呼ばれるこの行為によって、勤務先まで調べられてイヤガラセ電話をかけられる被害も起こっている。

チャット中の被害が続出!パソコン遠隔ソフトで全データが筒抜けに

ネット掲示板でチャット相手を募集している女性がよく被害に遭っている犯行だ。繋がった男がチャット中、パソコン話を振ってくる。「今世界で一番使われているウィルス対策ソフトがあるんだけど。URLはこれ→」URLは、「teamviewer」というパソコンソフトのダウンロードページだ。ぱっと見、画面はたしかにウィルス対策ソフトっぽく、インストールすると、画面上に『ID』と『パスワード』が自動的に表示される。実はこのソフト、ウィルス対策でも何でもなく、用途はパソコンの遠隔操作だ。チャット男は「設定してあげるから」とIDとパスワードを聞いてくるが、教えてしまったら最後、自分のパソコン内のデータはすべて筒抜けになる。

泥酔女性を連れ去るための非道なドリンク

泥酔女性をムリヤリ連れ帰ってわいせつ行為に及ぶ事件があいも変わらず多発している。中でも昨今、一部で行われている以下の手法は悪質極まりない。座り込む女性に声をかけ、親切を装ってペットボトルを買い渡すのだが、そこにこっそり粉末状ハルシオンなどの睡眠薬を混入させているのだ。あたかも「目の前で空けましたよ」といったそぶりを見せて飲ませるのだからタチが悪い。酔いに追い打ちをかける卑劣な手口だ。
関連記事