やりたい放題!注目度No1メンズモテる香水
ガレイドプレミアムパルファム
販売累計シリーズ80万個突破!三冠達成!
ペニス増大サプリ・ヴィトックスα
0320_20191209151241f2d.jpg0330_20191209151242176.jpg0340_20191209151244e4d.jpg0350_20191209151245c04.jpg0360_201912091512471a7.jpg0370_20191209151250eee.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ここ十数年、ずっと成長している分野がある。 人材派遣業界だ。
知ってのとおり、人材とは、登録スタッフに能力やキャリアに応じた仕事を紹介するビジネスだ。正社員よりも低コストな力として、急激に需要を高めてきた。
私は関西の某人材派遣に勤務する営業マンだ。いかに女を喰えるオイシイ仕事か、についてのリポー卜である。
年収も人並み趣味といえば推理ドラマの犯人当てくらいしかない私が、なぜモテモテ君のごとき所業をなせるのか。それは単に接する機会の多いいう理由のみならず、社員が、スタッフの食いぶちとも言うべき就職に関し、大きな権限を持っているからだ。
戦績は70人以上。妻に隠れ、忙しい仕事の合間を見つけてのこの数字は、我ながら立派だと思うのだが、さていかがなものか。スタッフフォローなる業務。これが曲者である。
スタッフとはある日突然、余所の会社に送り込まれる。ストレスをため込むものは少なくない。そこで我々営業マンは、時にクラスの担任のように彼女らの相談に乗ってやる。
と、どうなるか。我々に対し、さらにそこから男女の関係に発展するケースも珍しくないのである。
入社早々そんな光景を幾度か目の当たりにした私は考えた。
スタッフの悩みを聞きつつ一方で心をチラつかせる。その微妙なやり取りのおかげで、1 人、2 人と、女を次々喰えるようになっていったのである。
ではいったい、スタッフの悩み相談からどのようにセックスへ持ち込むのか。
「自分ではちゃんとやってるつもりなんですけど」
応対が悪いと、毎日怒られているらしぃ。
「アタシ、目の敵にされてるんですよ」
「そりゃマユコちゃんがカワイイからやで。お局のオバハンかてやっかみ入れるわ。その人、どうせ
そうやろ?」
「そうそう、独身!アタシ、携帯に彼氏のプリクラ張ってあるんですけど、ソレ見ただけで、厭み言うんです。ホンマ、ネジレてるいうか」
「ハハハハ」
私の悩み相談はいつも、相手に職場の悪口を言わせるところから始まる。モノの本によれば、女の
コのストレスは、慰めたりするだけでは不十分。こちらが聞き役となり吐き出させるのが一番だという。
「ほう」
「職場で怒鳴るんやもん、ビックリしましたよ。母さん、結婚の話はゥチで聞くから。会社に電話せんといてって。ぎゃはは」
近所の居酒屋へ。ここでも悪口大会で盛り上がりますます上昇していく。
「いまマユコちゃんに辞められたら困んねん。時給50円上がてみるさけ、がんばってこうな。な?」
「わあ—ホンマ話わかるわあ。 大スキ—」
悩みを聞き、あとは黙って肩を抱きホテルに向かぅだけの話。当然、この夜も朝まで巨乳遊びに興じた私である。なんと自ら私の部屋にいらつしゃいませんかと、誘ってきたのである。もちろん断る理由はない。で、ズッコン、ズッコン。
「ああ、でも。プッシュしてくれてホンマありがとう。あそこの会社、ずっと行きたい思ててん」
サユリが言つた。
「いやいやサユリちゃんの実力やて。ちゅうかまさかキミみたいな美人の面接についてけるとはなあ。オレこそ緊張したがな、あつはつは」
大ウソである。サユリの同伴は、予めこちらでくんだものだった。
本来、この作業はコーディネー夕ーと呼ばれる人間の役割なのだが、実のところ、営業の人間が少なくない。企業の欲しい人材を熟知しているからだ。このときも、件のメー力ーから受付の仕事を取ってきた私は、もっとも条件に合うスタッフを選ぶベくスタッフデー夕を眺めていた。と、その中の一つにサユリの写真が。迷わずサユリを選んだ。正直、このときの目的はサユリとお近づきになることで、ヤレるヤレないはどうでもよかった。体の方は後でじっくり機会を伺って、と考えていた。ところが…ククク。サユリちゃん、ごっそさんでした。
「〇さ〜ん、〇〇社で秘書の募集やってるでしよ?ねぇあそこに放りこんでぇ〜」
「放り込んでつてキミ…。あのなあ、あつこは外やで。しゃベれんのかいな」
「うん、なんやつたら今晩付き合ってもええし」
「え?」
「うん」
で、いただく。きつちりハメる。でも推薦はしない。適正のまるでない人間を送り込めば、それこそ信用問題だ。して、時に天罰が下る。
Sはセックスにしか興味ない。
恐らく騙し寝た女の誰かだろう。こともあろうに、最大の掲示板2ちゃんねるに書き込みやがった。それも複数のスレッドに何回も!悪いことは重なるもんで、おなじころスタッフから会社に、こんな忌々しい要望も入り始める。
「あのお、 菊池さんってちょっとキショイんで、担当を変えてもらいたいんですけど」
どうやらスタッフ間でも、私のオイタが吹聴されたらしい
何十人もスタッフを抱えていれば、1人や2人、おかしなことを言い出すヤツがいるもの。噂話として、何のお咎めもなかった。しかし、噂の予想以上で以来、悩み相談に来る気配がない。加えて、スタッフの働きぶりを見ようと訪れてもみんな無視。まるで汚らわしいオッサンを見るかのごとく、顔をしかめやがる。感じワルッ。…ま、ええわい。それならアイツの世話になつたろ。
「ちょつと頼みあんねんけど」
実はコヤツも、陰でスタッフを喰いまくる悪い男だ。が、ヤツの偉いところは、私と違い、手をつけたスタッフをセックスフレンドとしているところ。見上げたやりくり上手である。
「うるさい。で、おるんかい」
「ん一と、ええ。1人だけ放出要員がいてますね」
「エロぃ?」
「そらもう。多少、見てくれに難はありますけど」
人の噂は75日というが、私の場合は2力月弱で消えた。再び、楽しい狩りが始まった。
実にわかりやすい人妻ちゃんの多いこと。
タマっているのである。案の定、ベッドに行けばそりゃスゴィのスゴくないのって。中でもマキ29
才との出会いは、ちよっとしたエポックメーキングだった。
「あの、i さん」
「ん?」
「恥すかしいんやけど…」
例によってまんまとラブホに連れ込み
「アナルて興味ある?」
「んん—? 」
数年前、ダンナに調教されて以来、マキはケツの快感のトリコになったのだという。ほほう。
「もう見向きもしてくれへんし。その…太いから」
極太戦士、それは私。気分ええのお—。
よっしゃ、入れるで。ズブズブ。どや、ええか?
関連記事
本日の人気動画情報
街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる 素人投稿おまんこ・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!
エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
カテゴリ
タグ