0204_20191210141032e66_202002071123255d2.jpg0205_20191210141034807_202002071123275e2.jpg0206_201912101410357e3_2020020711232844c.jpg0207_20191210141037af3_20200207112330a1f.jpg0208_20191210141039e16_202002071123318d9.jpg0209_20191210141040f7f_20200207112333342.jpg0020_201912101410241a6_20200207112324b03.jpg0021_20191210141025780.jpg0022_20191210141027f9f.jpg0023_20191210141028166.jpg0024_201912101410294d9.jpg0025_20191210141031737.jpg
薄いブルーのパンティ足と腰のくびれがなかなか素晴らしいイタズラされてのモデル体系。変わった経験はないらしい。
「今、彼氏はいないの?」
ヤッてくれていいんだけど。入れて入れて。お願いします
こんな娘が僕のファンだなんて…
あっけらかんと言ってのけるSちゃんは、高校1年の秋に処女を失う。
「いないです。束縛されるのが嫌なんですよ。でもセックスフレンドは2人ほどいるよ」
ふーん。彼氏はいないけどセフレはいる。しかも2人。いまどきの若いもん、この辺りが進んでるといぅかWW芯がない。
「こんな明るいから恥ずかしいですよ」
ムフフ、明るいからいいんじゃないの。胸はAカップとやや小ぶり。
「イヤ〜ん」
クリトリスを舌を這わせると漏れる喘ぎ声。熱いディープキスを交わしつつ、ベッドへと導いた。
どうするか、一発をお見舞いしてやろ、品ねぇ。スボツ。
「ああああああああああああ」
隣りが気になるほどの大きな声が中にこだる
「気持ちィィ〜ッ!」
おいおいマジかょ。まだ入れて1分もたつてないぜ。
「あああん、オチ〇チンしゃぶりたい」' む、ここまではつきり言
いぞ。ほら、そんなに欲しいなら、ほれほれ。
「うれしい〜!」
「気持ちいいですか?」
「ぅ、ぅん」
ジュポジュポと音を立て美味しそうにしやぶる優穂。
「ねぇ今中さん、気持ちよかったらワタシのロの中で出してくださいね、お願いだから」
「オッパィ見せてよ」
「えつ、はい…」
バックにしてジーンズを脱がし、続いてパンツも下ろしにかかる。
「えつ、イヤつ…こんなところで…」
バックでパンパン尻をたたく。気持ちいいなあ。
これが青カンってやつなのか
ワンワンスタイルにして、アナルを舐めあげていく。
「こんな力ッコゥ…」
「でも気持ちいいだろ」
ピンクがかった肛門から舌を這わせて、シメはヴァギナの中へ
「ウックッ…」
いつのまにかシックスナインへ
「あつうう…入ってる」
「何が入ってる?」
オチンチン
足を持ち上げ、陰茎をさらに膣の奥へ。
「あ〜もう、こっちがいくぞ」
「あ待って…飲みたいの…今中さんの」〆。それが望みなら、ドピュツ
「美味しいです、とても甘いかな」
糖尿かな、オレ。
ここからは日サロ女ナンパ
オレもナンパしてみつかな。
日サロ女がいつもSの前に溜まっているとは限らん。いや、むしろこの様子からして、ヤツらもナンパ待ち組に紛れている可能性は高い。さつそくガングロに声をかけてみたところ、居酒屋から出てきた2 人組が足を止めた。
「ねえねえ、いっしよにカラオケでも行かない?」
「厶リ。帰るし」
「いいじやん、ちよつとだけ」
「つてか、アンタ、ナンパ?」
「もちろん料金はオレが払うしさそこでセックスしよう」
「……」
かれこれ数時間、日サ口女を追い求めた私ではあったが、決してナンパが不調だったわけではなく、どころか過去に経験したことのない容易さで、ホイホイひっかかったりはした。が、カラオケや居酒屋でいくら盛り上がっても、日サロの件には反応ゼロ。ちっともサセてやると言ってくれないのである。
ヘラヘラ近づいて「日サロおごるよ」と言えば、すぐマンコ。そんな凄まじい状況を待ち望んでいたのに、やっぱ甘いかぁ〜。
翌日、昼過ぎ、寝ぼけまなこで家を出た私は、昨晩の悔しさをパチンコ台にぶつけていた。
(ん、待てよ)パッ—ン、パッ—ン。規則正しく飛び出す玉をクルクル目で追いながら、重大なミスに気がついた。オレ、まだSの店内に一回も入ってないじやん。
いやはや、とんだ抜け作である。ナンパに気を取られているうちに、肝心のS のことなどすっかり忘れてた。そうだそうだ、あのときひょっとしたら、日サロ女が店の中にワンサカいたかも知れんではないか。
素つ裸にバスタオルを巻いた若い女が、奥の個室から出てきたじゃん。そして彼女が閉める引き戸の背後には若い男の姿
…何、アレ。何なの、いまのは。
さつきのシ—ンは、無事一発終わり、女が自分の個室に戻って行ったところだろう。スタッフに見つからぬよう、日サロ女がこっそり個室に来てくれるという
はは—ん。そうか。そういうことだったのか。
「オマエら、援父してんだろ」
「ふふふ。ん—まぁ、ほぼ当たりだねぇ…」
ミホの話を要約するとこういうことだ。
プチ家出はしたものの、渋谷や池袋で遊ぶのは何とない。同じ地元県のK市なら安心だし、しかもナンパが盛んなので、メシは街の男がちゃんと食わしてくれる。そして、日サロにはシャワーがある。ナンパされた後、ホテルでフロへ入るにしろ、事前にシャワ—くらい浴びておかないと実に悪いんだぞ。
「あのさ、ホントに日サロ代だけでいいの?」
「ぉ待ちどぉ〜」
生まれて初めての日焼けマシンを物珍しげに眺めていると、ミホがバスタオル姿で私の個室に入ってきた。やけに遅かったのは、体はおろか髪の毛まできっちり洗ってきたのだという。
「なかなか泡が立たなかった」かららしい。ふ〜ん。
さっそく、バスタオルをはぎ取りマシ—ンの上へ。しばらく舌や指でデカパィの感触を楽しんだ後、手を伸ばした。
「ああ…ん」
かすれるような吐息を漏らすミホ。
関連記事
本日の人気動画情報
街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる 素人投稿おまんこ・アダルトブログランキング内

人気の電子書籍
カテゴリ
タグ