1_20191117121645683.jpg2_201911171216477fa.jpg3_20191117121648a68.jpg4_20191117121650487.jpg5_20191117121651919.jpg6_2019111712165384d.jpg

美人女子店員にラブレターを渡して友達になろうという当連載。アパレルショップ編は終了していたのだが新たな展開があった。そちらから報告したい。
お相手は、有名デザイナーショップに勤務する高橋ゆうこ(仮名)さんだ。最後のメールからおよそ10日後、彼女から連絡があった。

すいません風邪でずっとダウンしてました。今週の土曜日、ご飯でも行きませんか?

メールでは、気を持たせるだけのタイプの女性かと思ったのだが、ずいぶん積極的だ。脈アリアリである。約束の日、待ち合わせ場所に現れた高橋さんは、180センチはあろうかという長身の女性だった。

「こんばんは」「こんばんは。初めまして。あ、初めてじゃないですよね」

「なんかお店で会ったときより背伸びました?」

「アハハまさか。今日は結構高いヒールなんで巨人なんですよ」

冗談も通じる気さくなキャラのようだ。

「手紙を渡したときは、かなり緊張しましたよ」

「いやーこんなことってホントにあるんだなって。お手紙もらったときビックリしましたもん」

「よくお客さんに告白されるんじゃないですか?」

「たまに番号書かれた名刺もらったりとかはあるけど」

やっぱりな。これだけの美なら誘われるよな。近くの店に人り、酒を飲ん仕事や趣味、家族や友人の話で、ポンポンと会話が弾む。彼女のカレシいない歴は2で、その間、気に入った男も何人かできたが、お付き合いには至らなかったそうな。その原因を彼女は自分のせいだと思っているようだ。

「なんか恋愛観も変わってるみたいで。わたし恋愛べタなんですー」

気がつけば店に入って4時間が過ぎていた。今夜は紳士を装い解散しておこう。

「また飲みに行きましょうね」

「ぜひ。私、高尾山に行きたいです」

その週の木曜、2人で高尾山デートに行った。健全な雰囲気のまま、頂上で記念撮影したり蕎麦を食べたりと、まんま恋人同士だ。都内に戻りがてら、さりげなく誘ってみる。

「ウチ来ます?この前言ってたCDとDVDも渡したいし」

「え?行ってもいいのっ」

「いいに決まってるじゃん」

めまいがしそうになった。こんな展開アリなんだ

部屋にやってきた彼女は、風呂に入り、淡々と寝る準備を進めていった。

「じゃ、寝よっか」

俺もわざと冷静ぶってベッドへ誘った。無言で潜り込んでくる彼女。肩を抱いて唇にキスあちこちなめ回すうち、「もう我慢できないよ」と、彼女はこちらの股間に手を伸ばしてきた。そしておもむろに口を近づけてくる。暖かな舌が亀頭にまとわりついてきた。音を立てながら舌が動く。ギンギンになったところで、濡れすぎるほどに濡れた股間に、おもいきり突っ込んだ。

「アッ、あー」よがり声がマックスになり、同時に腔がキチキチに締まる。
ダメだこれは気持ち良すぎるーほぼ同時に果てた。

翌朝、早い時間にベッドを抜け出した彼女は、俺にキスをして、そのまま職場へ出勤していった。

以上、手紙を渡した日から2日目のできことで素晴らしすぎて涙が出る
では、ここから連載2回目に入ろう。今回のターゲットはカフェ店員だ。最近は外資のおしゃれチェーン店が増え、可愛い店員さんをみかけることが多くなった。日々接するだけにすごく身近なんだけど、どうオトしていいのかよくわからない存在。

そんな彼女らに手紙一つで接近しようというわけだ。肝心の手紙内容だが、前回で成果も出たことなので文面はさほど変えず、「ファッション」の部分だけ「カフェと散歩」にしておいた。では渡してまいります。
週の平日の昼間、彼女が働くカフェにお邪魔した。カウンターに近付くとそこには安田さんが。

「ホットコーヒーを」「はい、かしこまりました」

注文以外の言葉は交わしていないが、少し照れたようなはにかんだ笑顔がのぞく。喜んでくれてるようにも見える。店内のテーブルに座ってしばらくコーヒーを飲む。あまりジロジロ見るとストーカーっぽいので、本でも読もう。と思ったら、彼女がテーブルを拭きにフロアに出てきた。いまだ、チャンスだ。

「忙しそうですね。話す時間あります?」

「あと30分で勤務時間が終わるんで、その後なら」

ほい来た。てことは完全なプライベートってことになるじゃないの。ラッキー

30分後、店の外に安田さんが笑顔でやってきた。

「すみません、こんな場所にまで押しかけちゃって」

「いえいえ、わざわざ来てくれてありがとうこざいます」
近くにゆっくり話ができるような場所がなさそうなので、隣駅までの道すがらおしゃべりすることにした彼女は某有名大学の4年生で、現在は卒論の締め切りが近く、バイトと執筆で忙しい日々を送っているそうな。ならばしばらくは誘っても厳しいか。問題の彼氏についてもいくつか聞いてみよう。

「お付き合いはうまくいってるの?」

「1年のときから続いているんですけど、彼、春から就職で地方に行くんですよ」

大チャンスだ。そんなの別れちゃうに決まってる。4月以降となるとだいぶ先だけど、ときどきメールして、ときどきお店にも行けば、次なるカレシ候補は俺になるかもー駅に到着したので礼を言って別れた。距離はかなり縮まったと思う。
中途半端なまま終わりを迎えてしまったがにの手紙ナンパはいつどんな反応がやってくるかわからない。じっくり待とう。

関連記事
本日の人気動画情報
街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる 素人投稿おまんこ・アダルトブログランキング内

人気の電子書籍
タグ