201507096_20191019105239096.jpg201507097_20191019105241add.jpg201507098_201910191052438c5.jpg201507099_201910191052441ac.jpg201507100_20191019105246be6.jpg201507101_201910191052486a4.jpg1_20190805165239a8c_201910191448421f0.jpg0031_20180818100452701_201910191448432d3.jpg0067_201907191759248ea_20191019105236250.jpg201504086_20191019105238854.jpg1、超有名出会い系サイトのハッピーメールには、投稿写真や動画を見れるページがある。
 素人女性のおっぱいモミモミ自分撮り動画なんかは楽しいのでたびたび見ていたのだが、ふと1人の常連投稿者に目がいった。プロフによれば30代前半の主婦らしく、子ども部屋でオナニーしている動画をアップしているのだ(もちろん子どもは映ってないけど)。
妙に興奮して、どうにかリアルに会いたいと思った俺は、彼女のプロフ画面に飛び、「めちゃめちゃ興奮してこんなんなっちゃった」と添えて、勃起チンコをしごく動画を送ってみた。
 今思えばアホみたいな作戦だが、これが意外や意外、結果をだした。 しばらくして返事が届き、お互いにエロ動画を送りあうようになった俺たちは、「カラオケでも行こうか」と待ち合わせることに。やってきたのは西村知美に似た、むっちり巨乳さんだ。
 カラオケに入り、すぐさま知美さんの隣にピタっと座る。脚をナデナデしてやれば、彼女も手を俺の股間にもってくるではないか。
「… … もう興奮しちゃってるの?」
 この言葉を聞いたときほど鼻息が荒くなったことはない。思いっきり乳を揉みしだいてやれば、知美さんも負けじと俺のズボンのチャックを開けてパンツの上から手コキをかましてくる。そのまま立ち上がって隆起したチンポを口元に近づけると、躊躇なく咥えてくれて…。
その後はラブホでスキンなしで1発させてくれた。事後に自分のアソコを指でかきまぜた知美さん
が、「いっぱい出してくれて嬉しい」と微笑んでくれたのが思い出深い。その後も写真や動画投稿者に、興奮したことをアピールするためのシコシコ動画を送り続けている。打率は4割弱といったところだ。
2、実はこの手法、今や一般的にすらなりつつある。さほどに簡単なタダマン法なのだ。がしかし、一応はそれなりのコツがある。どのサイトを使い、どう誘導していくのが近道なのか?
使うサイトはワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXあたりだ。
アホ女が多いからだ。
簡単な紹介のあとはエッチな内容を語っておくこと。
たっぷりエロ関係を温めたところでアポに移る。
そもそもイケメン写真ってだけでのこのこやってきた女なのだ。
賢い逃げ方など知りやしない。
3、ワクワクメールやハッピーメールのアダルト掲示板
還暦手前の私が、半年ほどで30代から50代の5人の人妻をゲットし、そのうちの1人とは1年以上もセフレ関係が続いたんだから、なかなかのものだと思いませんか?実際にはたいしたことはやってません。同じ文面を小まめに投稿するだけなので、そんなに手間も必要ないと思います。
これまで何度も何度も文面を変えて投稿を繰り返してきましたが、女性の反応がよかった文章に必ず入っていた要素があります。それが以下の7つです。
★タイトル「セックスパートナーを探しています」
★自己中なプレイではなく、前戯は丁寧にします。
★特にアソコを舐めるのが好きなので、沢山舐めてあげたいと思います。
★爪は短くしています。★プレイはゴムを使用します。
★タバコは吸いません。
★お互い、秘密厳守でお願いします。
あとは文章の前後に、自己紹介や、一緒に楽しい時間を過ごしましょう、などの挨拶文を入れているだけ。単純ですが、これをマメに投稿していれば、安全なセフレを求める人妻さんからのアプローチが来るはずです。
4、いくらセフレを探す目的とはいえ、出会い系サイトで「セックス相手募集」と書き込んでいる男はいないだろう。が、かといって無難なプロフィールに終始していても他の男たちに埋もれてなかなか女は食いついて来ない。人妻にターゲットを絞ってセフレを探しているオレは、彼女たちが釣られる「エサ」を散りばめた文言で圧倒的な成果をあげている。ピュア掲示板に以下のような文を書き込むのだ。〈ランチして、ドライブして、岩盤浴に行ける方いませんか?同年代の女性と仲良くなりたいです〉週に1~2度ほど定期的に書き込むと、最低月に1人は返信してくる女がいる。同年代だけに、間違いなく人妻だ。彼女たちはこのような「素敵なデート」に飢えていることを覚えておきたい。
5、ハッピーメールには援交女がはびこっている
彼女らとタダでセックスをする、それがオレの手法だ。まずはハッピー日記というベージで他人の日記を検索する条件は、性別/女性
●地域/東京(自分の地域)
●キーワード死にたいすると次のような日記がヒットする。
●「死にたい。消えたいと思う。居なくなったら泣いてもらえますか?私にはその価値ありますか?」
「やっばり豚は豚。家畜にも成れない病気なのです。死にたい」
精神が病んでる感じの、いわゆるメンヘラと呼ばれる連中だ。これら書き手の、過去の掲示板書き込み履歴をチェックすると、援交しているかどうかがわかる。狙うはこの援交メンヘラだ。
3往復くらいやりとりしたら直メ移行を切り出してみる。
「これだとポイントが続かないんでこっちでお願いします。xxxx@ドコモ」
その後さらにやりとりを続けていくうち自分の日常をメールもしてくるように。
またじんましんが出たんだけど。体調悪い
そこであなたに興味がある。メシ食いに行こうと誘うと、すんなり食いついてくる寸法だ。おそらくカマってくれる人→いい人→好き。みたいな構図なのだろう。
6、ハッピーメールの登録時、プロフの書き方について悩んだ。私は53才のスケベオヤジだが、イカした中年と思わせるにはどうすればいいか。考えた末に着目したのが、ブログのように使える『日記』欄である。ここに、趣味の映画についてあれこれ書いておこう。目にした女はあら、素敵な方だわと思ってくれるのでは。そんなわけで、3日に1回のペースで日記を書き、そして〝爆撃メール〞も作成。「会社で偉い人やってます。割と自由に生きてるんで、時間の都合は付きやすいです。映画を見るのが好きで、最近のマイブームは不倫映画です」これを、ターゲット(自分が既婚者なので既婚女性)に一斉送信することをルーティンに。2週間後、29才の女とつながった。相手からのファーストメールには「ちゃんとした方そうだったので」とあった。2通目のメールではいきなり大胆な告白。
「実はまだ結婚して半年なんですが。ダンナとセックスレスなんで。不倫映画なんてヤバいですー」
日記を使った印象付けが功を奏したとみていいだろう。一週間ほどやりとりした後、夜の食事に誘った。行きつけのバーに連れていき、酒を勧めつつ不倫映画についてじっくり語ると、彼女がしなだれかかってくる。一丁あがりだ。私には日記をしこしこ書くようなマメさがあり、それはセックスにも通じる。愛撫は時間をかけてじっくり行い、挿入前に必ず一度イカせる。果たしてこの29 才の新婚とは、月2で会うセフレ関係になりました。
関連記事